風の谷のナウシカ

テレビで宮崎駿監督の「風の谷のナウシカ」を見ました。学生の頃に20数回も見て、すべてのシーン、すべてのセリフを覚えてしまったほどで、若気の至りで、ナウシカ論なるものを本気で書いたこともありました。(^^;)

しかし、今回あらためてテレビで見て、学生の時のような“感動”を覚えないことに、ちょっと驚きました。

まあこっちが歳をとってしまったと言えばそれまでですが、9・11、とくにアフガニスタン戦争、イラク戦争のあとになってみると、未来に仮託された“破壊”がけっして空想のことではなくなってしまったような思いがして、ナウシカを“物語り”として楽しめなくなってしまった、というのが率直な感想です。

でも、そう思いつつ、結局、最後まで見てしまいました。宮崎駿監督の作品は、このあと「天空の城ラピュタ」あたりがピークで、その後は方向性を見失っておられるのではないかと思われ、残念でなりません。

Similar Articles:

  1. PerSona'L Note #創発Style ∞++ - trackback on 2006/02/05 at 19:57:22
  2. 一言居士!スペードのAの放埓手記 - trackback on 2006/02/06 at 22:09:10
  3. 土佐高知の雑記帳 - trackback on 2006/02/11 at 11:56:48
  4. 文学な?ブログ - trackback on 2006/06/03 at 12:36:21

Leave a Comment

NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackbacks and Pingbacks: