アラ還のオッサンがマルクスの勉強やらコンサートの感想やらを書き込んでいます

風の谷のナウシカ

2006年2月5日 at 09:07:22

テレビで宮崎駿監督の「風の谷のナウシカ」を見ました。学生の頃に20数回も見て、すべてのシーン、すべてのセリフを覚えてしまったほどで、若気の至りで、ナウシカ論なるものを本気で書いたこともありました。(^^;)

しかし、今回あらためてテレビで見て、学生の時のような“感動”を覚えないことに、ちょっと驚きました。

まあこっちが歳をとってしまったと言えばそれまでですが、9・11、とくにアフガニスタン戦争、イラク戦争のあとになってみると、未来に仮託された“破壊”がけっして空想のことではなくなってしまったような思いがして、ナウシカを“物語り”として楽しめなくなってしまった、というのが率直な感想です。

でも、そう思いつつ、結局、最後まで見てしまいました。宮崎駿監督の作品は、このあと「天空の城ラピュタ」あたりがピークで、その後は方向性を見失っておられるのではないかと思われ、残念でなりません。

Similar Articles:

Print This Post Print This Post

人気ブログランキングに参加しています。よかったらクリックしてください。

4 Responses to “風の谷のナウシカ”

  1. #風の谷のナウシカ ★ナウシカは完璧★

    風の谷のナウシカをテレビで観た。 テレビ放映時はほとんど必ず観てるから何度目になるだろうか それにしても何度観てもおもしろい テーマの深さも80年代…

  2. 『風の谷のナウシカ』について〜完全無欠のヒロイン

    昨日「風の谷のナウシカ[:曇り:]」をやっていました[:楽しい:]。デジタルなんたら版とかでたいそう画像が美しく[:テレビジョン:]ビデオ録っておけば良…

  3. コミック版「風の谷のナウシカ」再論

    ナウシカについては、もう一度書こうと思っていたが、この人もみたテレビをみながら、やっぱりアニメ版とコミック版は、根本においてちがう作品だとおもった。

  4. 風の谷のナウシカ/宮崎駿

    数ある宮崎駿作品の中で最も好きなのが「風の谷のナウシカ」です。現代文明に対する警告、人間のおろかさ、そして愛おしさを、ナウシカというヒロインを通して分かり…

Trackback This Post

http://ratio.sakura.ne.jp/archives/2006/02/05090722/trackback/

Leave a Reply