上場企業の経常益7%増、約27兆円

日経新聞の調査によると、上場企業1592社の2006年3月期連結経常利益は前期比7%増で、3期連続で過去最高を更新することが確実になったそうです。

上場企業の連結業績動向(「日経」2月11日付)
(単位億円、カッコ内は前期比増減率、%)

●全産業(1592社)

売上高 経常利益 純利益
2004/3 3,751,762(2.5) 199,640(29.0)  96,848(106.3)
2005/3 3,992,766(6.4) 251,595(26.0) 123,290( 27.3)
2006/3(予) 4,236,934(6.1) 269,938( 7.3) 147,296( 19.5)

●製造業(948社)

2004/3 2,322,244(3.4) 125,035(33.9) 60,917( 77.3)
2005/3 2,477,366(6.7) 155,526(24.4) 80,305( 31.8)
2006/3(予) 2,648,226(6.9) 172,381(10.8) 95,668( 19.1)

●非製造業(644社)

2004/3 1,429,518(1.2) 74,604(21.5) 35,930(185.5)
2005/3 1,515,399(6.0) 96,068(28.8) 42,985( 19.6)
2006/3(予) 1,588,708(4.8) 97,556( 1.5) 51,627( 20.1)

(注)対象は上場企業の3月本決算会社。新興市場、金融、決算期変更会社、親会社が上場している上場子会社は除いた。連結決算を作成しない企業は単独決算を集計に加えた。

上場企業の今3月期、経常益7%増に(日経新聞 2/11)

上場企業の今3月期、経常益7%増に・日経集計
[NIKKEI NET 2006/02/11 07:00]

 上場企業の2006年3月期の連結経常利益は前期に比べ7%増える見通しだ。3期連続で最高を更新することが確実になった。増益率は中間決算発表終了時に比べ2ポイント拡大した。10日にピークを迎えた業績の四半期開示で、通期予想を上方修正する企業が相次いだ。ヒット商品や円安で自動車の増益率が拡大するほか、減益予想だった電機も増益に転じる見込み。半面、海運やガスが原油高などで下方修正となるといったように頭打ちの業種も出ている。
 3月期決算の上場企業(金融、新興3市場を除く)1592社を対象に、日本経済新聞社が集計した。米国会計基準採用企業は税引き前利益を経常利益とみなした。
 中間期からの利益上乗せの原動力が、自動車と電機だ。自動車の業種全体の経常増益率は15%と、中間決算発表時に比べ8ポイント拡大。電機は全体で2%の増益に転じた。ともに国際的に販売好調な商品を抱えているうえ、円安も寄与する。

Similar Articles:

Leave a Comment

NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">