アラ還のオッサンがマルクスの勉強やらコンサートの感想やらを書き込んでいます

「白バラの祈り」

2006年3月5日 at 21:50:18

白バラの祈り ゾフィー・ショル、最後の日々

今日は、昼に仕事をすませたあと、久しぶりに日比谷シャンテシネで、映画「白バラの祈り ゾフィー・ショル、最後の日々」を見てきました。(なんと、これでようやく、今年2本目)

ナチス・ドイツがスターリングラードの攻防に敗北しようとしていた1943年2月、ミュンヘンの大学で、反ナチスのビラを配布したとして逮捕されたハンス・ショル、ゾフィー・ショルの兄妹。「白バラ」抵抗運動として有名な事件ですが、そのなかで唯一の女性であったゾフィー・ショルを主人公とした作品です。

「白バラ」抵抗運動については、70年代に本を読んで知っていましたが、今回の作品は、90年代になって旧東ドイツで見つかったゲシュタポによるゾフィー・ショルの尋問調書にもとづいて、逮捕されてからわずか5日で処刑されたゾフィーの、取調官モーアとの緊迫したやり取りが描かれています。

最初、自分は無関係だと思わせようとしていたゾフィーが、決定的証拠を見せられて、自らの行為を認めた直後に、トイレに行き、殺されるかもしれないと恐怖から泣き出しそうになるシーンや、ユダヤ人の殺害、精神障害者の子どもたちの殺戮を非難するゾフィーに、モーアが思わず弁解に回る場面、さらに「人民法廷」で死刑を宣告された直後に刑務所で一人になって叫び出すシーン、刑務所にやってきた父母との面会の場面など、感情がこみ上げるのをおさえて見ることができませんでした。

ゾフィー役のユリア・イェンチはもちろん、ゲシュタポの取調官モーア役のアケクサンダー・ヘルトが好演。この人は、「シンドラーのリスト」や「ヒトラー?最期の12日間」にも出演していて、申し訳ないけれど、ナチスの冷徹な官僚役がピッタリです。

公式サイト:白バラの祈り―ゾフィー・ショル、最期の日々

【映画情報】監督:マルク・ローテムント/脚本:フレート・ブライナースドーファ/出演:ユリア・イェンチ(ゾフィー・ショル)、ファビアン・ヒンリヒス(ハンス・ショル)、アレクサンダー・ヘルト(ゲシュタポの取調官モーア)、フロリアン・シュテッター(クリストフ・ブロープスト)、ヨハンナ・ガストドロフ(ゾフィーの牢房での同室者)/ドイツ、2005年

【関連ブログ】
るるる的雑記帳:「白バラの祈り-ゾフィー・ショル、最期の日々」
りょーちんの日記:本日の映画感想『白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々』
マダムNの「つるの一言」 白バラの祈り

Similar Articles:

Tags: ,

Print This Post Print This Post

人気ブログランキングに参加しています。よかったらクリックしてください。

8 Responses to “「白バラの祈り」”

  1. 映画「白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々」

    映画館にて「白バラの祈り  ゾフィー・ショル、最期の日々」★★★★★

    数多くのナチス関係の映画を見、本を読んできたけれど、また素晴らしい映画に出会った。…

  2. こんにちは♪
    TBありがとうございました。
    ナチス関連の映画は必ず見ているのですが、白バラに関するものは初めてでした。
    ゾフィーとモーアの息づまる尋問シーンから怒涛の裁判シーン、どの瞬間も濃密で忘れられません。
    闘士というタイプでもなかったゾフィーにあんな強さと信念があったとは!
    本当に素晴らしい映画でした。

  3. 白バラの祈り―ゾフィー・ショル、最期の日々

    日比谷シャンテシネで観た映画「白バラの祈り」が衝撃的でした。
    ナチス政権に立ち向かう21歳の学生ゾフィーの物語。

    印象的だったのが、ヒトラー政権に…

  4. 「白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々」(2005年 ドイツ)

    「白バラ」の心と呼ばれ21才で処刑されたゾフィー・ショルの 真実の物語。 1943年末期のヒトラー政権下でのミュンヘン。 「白バラ」のメンバーであるゾフィ…

  5. 「白バラの祈り-ゾフィー・ショル、最期の日々」

    「白バラの祈り-ゾフィー・ショル、最期の日々」を観ました。
    1943年ミュンヘン、スターリングラードでの敗戦以降敗戦の色濃くなりつつある中、一層…

  6. 白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々…

     タイトルの「白バラ」は、ナチス独裁下、ミュンヘンの学生たちによって行われた反ナチ運動の名前で、映画の主人公ゾフィー(ユリア・イェンチ)は女子学生です。

    (more…)

  7. 『白バラの祈り ゾフィー・ショル最期の日々』…

    この映画は知らなかった。半額レンタルなので何本かまとめて借りようと物色していて手に取った。「第二次世界大戦中のミュンヘンで大学に通うゾフィーは、兄のハンスや数人の仲間と (more…)

  8. 劇団民藝公演「白バラの祈り」…

     劇団民芸公演「白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々」を紀伊国屋サザンシアターで観て来た。

     第二次世界大戦中のドイツでナチスの暴政に反旗を翻したミュンヘン大…

Trackback This Post

http://ratio.sakura.ne.jp/archives/2006/03/05215018/trackback/

Leave a Reply