アラ還のオッサンがマルクスの勉強やらコンサートの感想やらを書き込んでいます

経済同友会が社会保障制度一体改革の提言を発表

2006年5月12日 at 00:54:24

経済同友会が10日、社会保障制度の抜本的一体的改革を求める提言を発表。

社会保障制度を真に持続可能とするための抜本的・一体的改革?経済社会の質的・量的変容に対応した新たな理念に基づいて?:経済同友会

年金・医療保障の一体改革とは、<1>年金については、65歳以上を対象に税による基礎年金を給付、<2>医療保険については、75歳以上について「新高齢者医療制度」(税7割+自己負担3割)を新設、75歳未満については社会保険料7割+自己負担3割にする、というもの。

年金財源は税を充てるということは、現在の企業負担分をなくすと言うこと。さらに、年金・社会保障の「個人」化、社会保障分野でも「官から民へ」の流れを加速、などなど。

Similar Articles:

Tags:

Print This Post Print This Post

人気ブログランキングに参加しています。よかったらクリックしてください。

One Response to “経済同友会が社会保障制度一体改革の提言を発表”

  1. 本音は年金改革よりもコスト削減!?

    経済同友会が社会保障で提言 (NIKKEI-NET) 経済同友会は10日、年金・医療・介護など社会保障制度について、ナショナルミニマム(国民生活の最低限の…

Trackback This Post

http://ratio.sakura.ne.jp/archives/2006/05/12005424/trackback/

Leave a Reply