経済同友会が社会保障制度一体改革の提言を発表

経済同友会が10日、社会保障制度の抜本的一体的改革を求める提言を発表。

社会保障制度を真に持続可能とするための抜本的・一体的改革?経済社会の質的・量的変容に対応した新たな理念に基づいて?:経済同友会

年金・医療保障の一体改革とは、<1>年金については、65歳以上を対象に税による基礎年金を給付、<2>医療保険については、75歳以上について「新高齢者医療制度」(税7割+自己負担3割)を新設、75歳未満については社会保険料7割+自己負担3割にする、というもの。

年金財源は税を充てるということは、現在の企業負担分をなくすと言うこと。さらに、年金・社会保障の「個人」化、社会保障分野でも「官から民へ」の流れを加速、などなど。

Similar Articles:

  1. The企業年金BLOG - trackback on 2006/05/17 at 22:02:24

Leave a Comment

NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackbacks and Pingbacks: