共謀罪、与党が民主党修正案を丸呑み?

共謀罪について、与党が民主党の修正案を丸呑みすることを決定。

民主党案は政府与党案よりも対象犯罪を限定するなどしていることは事実ですが、具体的な犯罪行為に着手したり、その準備行為をおこなっていなくても、共謀したとされるメンバーの誰かが予備行為に着手すれば、他のメンバーも「共謀」したとして処罰の対象になります。

具体的な犯罪行為を処罰するというのが刑法の基本原則です。民主党案どおりにした場合にどんな問題があるかも十分議論されていません。会期末のどさくさに、民主党の修正案を丸呑みして、ともかく成立をなどというのはまともな議会制国家のやることではありません。!

与党、民主案を受け入れ=共謀罪法案成立へ(時事通信)

与党、民主案を受け入れ=共謀罪法案成立へ
[時事通信 6月1日21時1分更新]

 与党は1日午後の衆院法務委員会理事会で、共謀罪創設を柱とする組織犯罪処罰法改正案について、民主党の修正要求をすべて受け入れる方針を表明した。与野党は2日に質疑を行うことで合意。民主党は政府側の答弁を見極め判断するが、与党が民主党の修正案を丸のみすることになったことで、同改正案は一転して今国会で成立する運びとなった。 

Similar Articles:

  1. 情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士 - trackback on 2006/06/02 at 01:00:50

Leave a Comment

NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackbacks and Pingbacks: