アラ還のオッサンがマルクスの勉強やらコンサートの感想やらを書き込んでいます

早く見たいよ? 岡本太郎「明日の神話」修復完成

2006年6月6日 at 23:52:16

岡本太郎「明日の神話」

故・岡本太郎氏の壁画「明日の神話」の修復作業が完了しました。

「明日の神話」は、68?69年にメキシコのホテルのために作成されたものですが、その後ホテルの倒産などで行方不明になっていました。しかし、2003年9月にメキシコ市郊外の資材置き場で100個ほどの破片となって放置されていたところを発見され、昨年7月、日本に運ばれ修復作業がおこなわれていました。

原爆をテーマにした、縦5.5メートル、横30メートルの巨大な作品。ぜひ早く見てみたいものです。

岡本太郎「明日の神話」修復完成 東温(愛媛新聞)

岡本太郎「明日の神話」修復完成 東温
[愛媛新聞 2006/06/06]

 2005年7月から東温市内で続けられていた芸術家岡本太郎氏(1911?96)による巨大壁画「明日の神話」(縦5.5メートル、横30メートル)の修復作業が完了し、6日、同市南方の株式会社「サカワ」で報道関係者に公開された。
 同壁画は1968?69年にメキシコで制作された後、行方が分からなくなり、2003年9月、メキシコ市郊外で発見された。修復には絵画修復家の吉村絵美留氏らが携わっていた。
 同日は、「明日の神話」再生プロジェクトゼネラルプロデューサーの平野暁臣氏が「汚れや欠損などひどい状態だったが、鮮やかな色で、37年前そのままの状態でよみがえった。“見る”というより、壁画が発するエネルギーやメッセージを体全体で浴びてほしい」とあいさつ。吉村氏も「1年間、毎日見てきたが全く飽きることなく、常に新鮮な気持ちでいられた。この作品から心地良いエネルギーを感じ、見る人に独自の“明日の神話”を作り上げてほしい」と呼び掛けた。
 同壁画は7月8日から8月31日まで、東京都・汐留の日本テレビで一般公開される。恒久設置場所については未定だが、岡本氏生誕100周年の2011年までには決定するという。

↓こっちは、岡本太郎「明日の神話」再生プロジェクトの公式ホームページ
岡本太郎 – 明日の神話オフィシャルページ [Hobo Nikkan Itoi Shinbun Partnership]

【これまで書いた記事】 ※結局、早くみたいということしか書いてない…(^_^;)
岡本太郎「明日の神話」復元!
修復されたら早く見たいなぁ

Similar Articles:

Print This Post Print This Post

人気ブログランキングに参加しています。よかったらクリックしてください。

2 Responses to “早く見たいよ? 岡本太郎「明日の神話」修復完成”

  1. 明日への神話が復活しました!

    岡本太郎さんの修復中の壁画「明日への神話」がやっと終了して、6月6日に修復作業をしていた愛媛県東温市で報道陣に公開されたそうです。

  2. 「壁を破る言葉」岡本太郎

    壁を破る言葉
    岡本 太郎

    岡本太郎の大壁画「明日の神話」の到着、展示にともない、岡本太郎著「壁を破る言葉」を読みました。

    この本は岡本太…

Trackback This Post

http://ratio.sakura.ne.jp/archives/2006/06/06235216/trackback/

Leave a Reply