史料の返還

日本の植民地支配の時代に入手された「朝鮮王朝実録」が、東大からソウル大学に寄贈されることになりました。韓国国内では「寄贈」か「返還」かで論議があるようですが、何にせよ、戦時や植民地支配下で手に入れた資料をもとの国に返還しようというのは、世界的な流れです。日露戦争時に持ち帰った渤海国の石碑「鴻臚井碑(こうろせいひ)」の返還も、ぜひ実現してほしいと思います。

東大所蔵の朝鮮王朝実録、ソウル大に寄贈へ(朝日新聞)
皇居に1世紀眠る「渤海国の石碑」、中国で返還求める声(朝日新聞)

東大所蔵の朝鮮王朝実録、ソウル大に寄贈へ
[asahi.com 2006年05月31日09時33分]

 東京大学は、付属図書館に所蔵している朝鮮王朝の業績を記録した「朝鮮王朝実録」を、ソウル大に寄贈することを決めた。両大学が31日発表する。日本人が植民地時代に朝鮮から持ち込んだ史料で、韓国の文化財専門家や国会議員らが「略奪された」として返還を求めていた。東大側は「学術交流を進めるため寄贈が望ましい」としている。
 4セット現存するとされる朝鮮王朝実録のうち、東大が所蔵するのは「五台山本」と呼ばれるセットの一部47冊。東大によると、東洋史学者の故白鳥庫吉氏が朝鮮から持ち出し、1912年に同図書館の蔵書となったという記述が、当時の学術雑誌にある。だが、関東大震災で大半が焼失、偶然持ち出されていた74冊が焼け残った。
 このうち27冊は32年に当時の京城帝大に移され、韓国では国宝に指定。ユネスコ(国連教育科学文化機関)の世界記録遺産にもなっている。東大図書館は47冊を貴重本に指定してきた。
 韓国では昨年、20世紀初めに日本に持ち出され、靖国神社にあった「北関大捷碑(プックァンデチョッピ)」が返還されたことから、日本に渡った文化財の返還を求める機運が高まっている。65年の日韓国交回復の際に結ばれた「文化財および文化協力に関する協定」では、陶磁器などがわずかに韓国に返還されただけだ。

 《朝鮮王朝実録》 14世紀から19世紀までの国王25代の業績を王の死後に官吏がまとめた王朝の公式記録。災害などによる消失をおそれて複数つくり、朝鮮各地の寺などに分散して保管されていた。東大に一部ある「五台山本」以外に韓国に2セットあり、北朝鮮にも1セットあるとみられている。

皇居に1世紀眠る「渤海国の石碑」、中国で返還求める声
[asahi.com 2006年05月28日12時22分]

 皇居の中に、中国から運ばれた一つの石碑が眠っている。7?10世紀に東北アジアにあった「渤海(ぼっかい)国」と、唐の関係を伝える史料で、日露戦争後、「戦利品」として当時の日本軍によって持ち出された。中国の研究者らの間でいま、この碑の公開や返還を求める声が出始めている。
 石碑は「鴻臚井碑(こうろせいひ)」と呼ばれ、横3メートル、高さ1.8メートル。713年、唐が渤海国の国王に「渤海郡王」の位を授け、唐と渤海国が君臣関係を結んだことを記している。現在の中国遼寧省大連市旅順口区に設けられた。
 日本と直接関係のないこの碑が皇居に移されたのは1908年。防衛研究所図書館収蔵の「明治37、38年戦役戦利品寄贈書類」などによると、海軍によって、日露戦争の激戦地だった旅順から運ばれ、戦利品として明治天皇に献上された。
 それが最近になって、中国の遼寧省を中心に、碑の公開や日中の共同研究、中国への返還を求める声が出始めた。
 遼寧省大連市の政治協商会議(市政の諮問会議に相当)では今年1月、大連大学の王禹浪教授らが石碑研究の促進を求める提案をした。王教授は「多くの人が石碑のことを知るべきだ」と話す。大連日報は3月、石碑の特集記事を掲載。「国宝の返還には団結が大切だ」として返還を求める意見を紹介した。旅順市では石碑の展示館建設計画も浮上している。
 北京の研究者らが04年に設立した「唐鴻臚井碑研究会」(羅哲文会長)の関係者は、「石碑研究での協力を進め、中日友好関係を発展させたい」と話し、性急な返還要求には慎重だが、研究への日本の協力は求めたいとしている。
 中国側の関心の背景には、歴史的な帰属をめぐる韓国との論争がある。中国から見れば、石碑は「渤海国は唐の藩国であり、中国の歴史に位置づけられる」ことを示す物証となる。中韓両国間では、渤海国の前にこの地域にあった高句麗をめぐって激しい論争があり、昨年5月の首脳会談でも取り上げられた。石碑は高句麗論争の有力な材料にもなりうる、というわけだ。
 関係者によると、やはり日露戦争後に朝鮮半島から日本に持ち去られ、靖国神社に置かれていた「北関大捷碑(プックアンテチョプピ)」が、今年3月に北朝鮮に返還されたことも、今回の動きを刺激しているという。
 渤海史を専門とし、99年に石碑を紹介する論文を発表した国学院大栃木短大の酒寄雅志教授は、「渤海という国ができた当時を考えるかけがえのない史料だ。皇居の奥深くしまい込んでおかないで、まずは開放・公開してほしい」と語る。
 宮内庁によると、石碑は現在も「国有財産」として皇居内の吹上御苑で保管されている。立ち入り規制があり、写真の提供に応じることはあるものの、公開はしていないという。返還などを求める動きについては、「そういう報道には接していない」としている。

     ◇

 〈キーワード:渤海国〉 698年から926年まで、現在の中国東北地方とロシア沿海地方、朝鮮半島北部にまたがる地域を領土とした国家(当初の国号は「震」)。「海東の盛国」と呼ばれたが、唐と新羅の連合軍に滅ぼされた高句麗(紀元前37?668年)の遺民や、現在の中国・満州族の祖先とされる靺鞨(まっかつ)などによる多民族国家だったため、契丹に滅ぼされた後に継いだ国はなく、自分たちで書いた歴史書も残っていない。「まぼろしの王国」とも呼ばれる。日本とは727年以降、使節の派遣などを通じて、友好関係にあった。

Similar Articles:

投稿者:

GAKU

年齢:50代 性別:男 都道府県:東京都(元関西人) 趣味:映画、クラシック音楽、あとはひたすら読書

「史料の返還」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: DataBlog*netjinsei
  2. 仏 エジプトに古代壁画返還へ
    日本政府は、中国東北部から「戦利品」として持ち帰った文化遺産をどうするのか?
    10月10日 NHKニュース

    「パリ・ルーブル美術館所蔵の古代エジプトの壁画は、王家の墓から盗まれたものだとして、エジプト政府が返還を求めていた問題で、フランス政府は9日、この壁画をエジプトに返還することを決めた」とのことです.

    日本が、日露戦争当時、中国東北部から「戦利品」として持ち帰り、現在「皇居」にあるという文化遺産「鴻臚井(こうろせい)の碑(ひ)」について、日本政府はどう対応するのでしょうか?

    中国が返還を公的に求める前に返還するのが、当然だとは思いますが、その前に、明治以降の(福沢諭吉が思想的に推し進めた)日本の「朝鮮から中国への侵略戦争」の反省と清算も必要なのでは? その反省とともに、諭吉の肖像が1万円札から取り除かれなければ、その第一歩も進まないでしょう.

    しかし現在の日本には、それはできない相談です.
    歴代の総理大臣や国会議員が自国の憲法を無視して、公務員のまま宗教活動をおこない、日本の侵略戦争を美化しています.

    日本は、第2次大戦の戦争責任を政治的にも、経済的にも、国内および近隣諸国や被害を与えた個人にに対して、世紀をこえて清算を完了していないのが現状です.ドイツとは対象的です.

    まず、それからです.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です