「防衛省」法案、国会提出へ

防衛庁を「防衛省」に格上げする法案を閣議決定し、国会に提出。

「庁」が「省」になるというのは、ただたんに防衛庁長官が大臣になって、他の大臣と同格になるという程度の問題ではなく、単独で法案提出を求めて閣議の開催を要求できるようになったり、直接財務省に予算要求ができるようになったりします。さらに、独自の人事も可能になるので、もし「防衛省」になれば、私たちは「軍閥」(軍人派閥)の危険に直面することになります。

「防衛省」法案、国会提出 秋の臨時国会へ継続審議方針(朝日新聞)
Read more »