アラ還のオッサンがマルクスの勉強やらコンサートの感想やらを書き込んでいます

セクハラ男の言い分(3)

2006年6月10日 at 00:08:46

この45歳の男性教諭もひどいけど、校長の発言もひどいもの。自覚が「足りない」というような問題ではないと思うのですが…。

同僚女性に「一緒に寝よう」セクハラ教諭を戒告処分(読売新聞)

同僚女性に「一緒に寝よう」セクハラ教諭を戒告処分
[2006年6月9日20時36分 読売新聞]

 生徒の前で同僚の女性教諭にセクハラ発言を繰り返したとして、広島県教委は9日、同県東広島市立中学校の男性教諭(45)を戒告処分にした。
 県教委によると、男性教諭は2?3月、クラブ活動中、同じ顧問だった女性教諭に「(合宿では)一緒に風呂に入って寝よう」などと何度も発言した。女性教諭は「誤解されるからやめて」と抗議し、4月20日に県教委に相談した。男性教諭は「軽い冗談のつもりだった」と話しているという。
 また、女性教諭に対し、同中の校長が「あなたがセクハラと言わなければ、セクハラにはならないんだ」と発言したとして、文書訓告にするよう同市教委に通知した。
 関靖直・県教育長の話「教育に携わるものとしての自覚が足りず、大変遺憾」

Similar Articles:

Tags:

Print This Post Print This Post

人気ブログランキングに参加しています。よかったらクリックしてください。

Trackback This Post

http://ratio.sakura.ne.jp/archives/2006/06/10000846/trackback/

Leave a Reply