OECD、「日本は貧困層の割合が最も高い国の一つになった」と指摘

OECDが報告書で、「日本は貧困層の割合が最も高い国の一つになった」と指摘。相対的貧困率の高さが、アメリカに次ぐ第2位に。

この格差拡大を防ぐために、「企業が非正社員より正社員を増やしやすくする政策を」と述べていることに注目。

「日本、貧困層の割合が最も高い国の1つ」OECD報告(NIKKEI NET)

↓グラフ OECD諸国の相対的貧困率(2000年)。(クリックすると大きく表示します)

グラフ OECD諸国の相対的貧困率(2000年)
Read more »