PCL(高速電力線通信)解禁へ

総務省電波監理審議会が、電気のコンセントをインターネット端末として利用できるようにするPLC(高速電力線通信)の解禁を認める答申を提出。

コンセント利用の電力線ネット、解禁へ 天文学者ら反対(朝日新聞)

「天文学者ら反対」という朝日の見出しでは、何やら一部の専門家だけが反対しているように読めますが、電力線からのノイズが発生して短波ラジオが聞こえなくなる可能性があり、影響は非常に大きい。その割に、実現できるスループットは数十メガビットで、光ケーブルほどは速くはならないようです。

メリットといえば、家電にネットからアクセスできるコントロールチップを入れ込めば、外出先から自宅のテレビやエアコンが操作できるようになる、ということぐらい。風呂を入れることも可能になるかも知れませんが、洗濯は洗濯物を入れないかぎり、外から操作できてもどうしようもありません。(^_^;) 落雷したときに、どれぐらいの影響が出るのかも不明。

結局、影響を考慮して、ノイズの上限を低く抑えることになったらしいのですが、そうなると開発が難しくなり、解禁してみたものの普及しない、なんてことになるかも知れません。

コンセント利用の電力線ネット、解禁へ 天文学者ら反対
[asahi.com 2006年09月13日]

 総務省の電波監理審議会(電監審)は13日、電気のコンセントがインターネット端子になる高速電力線通信(PLC)を解禁する答申を出した。総務省は専用装置の許可手続きに向けて省令改正を行うが、電力線(電気配線)から出る雑音電波(ノイズ)で短波放送への混信や天文観測の妨害が起きる恐れがあり、反対意見も強い。答申は、混信・妨害対策の整備や慎重な装置の許可手続きなどを解禁の条件とした。
 PLCは、家庭や職場の電気配線を使ってネット接続する技術。電源コードがネット回線を兼ね、余分な工事なしでネットが使える。テレビとハードディスクレコーダーをつなぐ配線が消え、電話機もコンセントでつなげるようになって、どの部屋にも移せるなどの利点が期待される。政府も01年の「e―Japan重点計画」に盛り込んで推進してきた。
 電源コードとコンセントの間にPLCモデムという装置をはさんで利用する。このとき、電気配線がアンテナのように振る舞い、短波放送や天文観測に使われる周波数帯のノイズが出るのが欠点だ。計画当初から短波放送局やアマチュア無線家、天文学者から反対の声が続いていた。家庭への高速インターネット引き込み回線としての利用は見送られ、家庭や職場の屋内活用だけが検討されていた。
 通信機器メーカーは、すでにPLCモデムを完成し、許可を待つばかり。10月の電子機器展示会で「家庭の各部屋が、便利で簡単にネット接続できる」点を披露する。テレビなどには、出荷時から組み込まれることが見込まれ、4年後に600万台の出荷があるという推計もある。
 会長の羽鳥光俊・中央大学教授は審議後の会見で「反対意見に対して十分配慮した」と話した。

ソフトバンクは、ノイズを10分の1に低減したと言っていますが、それは、あくまでコンセントから外に出ている部分のみ。壁の奥に埋め込まれた配線から出るノイズについては“処置なし”というのが実態のようです。

Similar Articles:

Leave a Comment

NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">