アラ還のオッサンがマルクスの勉強やらコンサートの感想やらを書き込んでいます

下村官房副長官、「河野談話」の見直し発言

2006年10月26日 at 20:06:40

下村官房副長官が従軍慰安婦問題で「河野談話」の見直しが必要だと発言。

従軍慰安婦問題:河野談話の見直し必要 下村官房副長官(毎日新聞)

個人的見解と内閣の立場の使い分け。こんなことを繰り返していてよいのか?

従軍慰安婦問題:河野談話の見直し必要 下村官房副長官
[毎日新聞 2006年10月25日 23時28分]

 下村博文官房副長官は25日、東京都内で講演し、従軍慰安婦問題をめぐり「おわびと反省の気持ち」を表明した93年の河野洋平官房長官談話について「もう少し事実関係をよく研究し、考えるべきではないか」と述べ、見直す必要があるとの考えを示した。ただ、同時に「修正するなら閣議決定をし直さなければならない。その時間が許されるのか」と述べ、安倍政権下での変更は困難との認識も示した。
 「河野談話」では従軍慰安婦について強制や旧日本軍の関与を認めており、安倍首相は今月3日の衆院代表質問で「河野談話を受け継いでいる」と答弁した。下村氏は「安倍首相は(日本の戦争・植民地支配を謝罪した)村山富市首相談話についても、河野談話についても100%そのまま(認める)というのではなく、首相の立場から(認める)答弁をしている」と指摘。「従軍慰安婦の問題は時間をかけて、客観的に科学的な知識を収集して、考えるべきではないか」と語った。【平元英治】

Similar Articles:

Tags:

Print This Post Print This Post

人気ブログランキングに参加しています。よかったらクリックしてください。

One Response to “下村官房副長官、「河野談話」の見直し発言”

  1. 蟻の兵隊…

     横浜でドキュメンタリー映画「蟻の兵隊」を見て、軍隊組織とそこで蹂躙されてきたきた兵隊、そしてその兵隊の中国(山西省)での残虐行為を背負いながら、元日本兵の大戦後の残留 (more…)

Trackback This Post

http://ratio.sakura.ne.jp/archives/2006/10/26200640/trackback/

Leave a Reply