ついに国内でも発火事故

製造不良で発火事故が起きるとして、ソニー製のバッテリーの回収騒動。ついに、国内製パソコンで発火事故が発生。

富士通製パソコンから火花でやけど・ソニー製電池が原因(NIKKEI NET)

富士通製パソコンから火花でやけど・ソニー製電池が原因
[NIKKEI NET 2006年10月27日/共同]

 富士通は27日、ソニーが自主回収と無償交換を進めているリチウムイオン電池を搭載したノートパソコンから火花が出て、使用者がやけどする事故が1件発生したと発表した。国内のパソコンメーカーで、異常過熱や発煙・発火事故が明らかになったのは初めて。原因はソニー製電池の不具合とみられる。
 事故は24日夜に発生。充電中に電池が異常過熱し、パソコンからバチバチと火花が上がった。パソコンが焦げるとともに、使っていた人が手に軽いやけどを負ったという。
 事故のあったパソコンは、富士通とソニーが回収している機種。富士通によると、ソニーとの共同調査でソニー製電池が原因との共通認識に至った。詳細は調査中だが、製造工程で細かい金属粒子が混入したのが原因とみられる。

Similar Articles:

Leave a Comment

NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">