村治佳織ギター・リサイタル ≪ライア&ソネット≫

村治佳織ギター・リサイタル≪ライア&ソネット≫プログラム

今日(正確には昨日)は、村治佳織さんのギター・リサイタルに行ってきました。会場は初台の東京オペラシティコンサートホール。今回のコンサートは、ヴォクスマーナという声楽アンサンブルとのジョイントで、ギター・ソロのほかに合唱+ギターという楽曲がプログラムには並んでいました。

  1. ビクトリア/デンス(詩):おお何と栄光に満ちた王国なのか*
  2. アンチエータ/作者不詳(詩)/チルコット(編曲):母さま、私は恋を抱いて*
  3. タレガ:アルハンブラの思い出
  4. ムダラ:ファンタジア第10番「ルドビーコの手法によってハープを模したファンタジア」
  5. フレスコバルディ/セゴビア(編曲):パッサカリア
  6. ダウランド:蛙のガリアルド
          ファンタジア
  7. パーセル/プリーム(編曲):4つの小品[エア/ミヌエット/ホーンパイプ/ロンド]
  8. G.フェルナンデス/作者不詳(詩)/チルコット(編曲):ア・ネグリート・デ・ククルンベ*
  9. パッヘルベル/ワイルド(詩)/チルコット(編曲):カノン*
        <休憩>
  10. リョベート:13のカタルーニャ民謡?盗賊の歌
  11. ヴィラ=ロボス:5つの前奏曲より 第2番 ホ長調/第5番 ニ長調/第1番 ホ短調
  12. ヴィラ=ロボス/タウランド(詩)/チルコット(編曲):5つの前奏曲より 第3番 イ短調/第4番 ホ短調*
  13. ヴィラ=ロボス/コレーア(詩)/チルコット(編曲):ブラジル風バッハ第5番?アリア*
  14. カステルヌオーヴォ=テデスコ:ロマン・セロ・ヒターノ(ガルシア・ロルカの詩による7つの歌)第4番 プロセシオン(行列)[プロセシオン/パソ/サエタ]*
  15. ボロディン/シェイクスピア(詩)/チルコット(編曲):ダッタン人の踊り(歌劇『イーゴリ公』から)*

*印のついたのが合唱曲、印のないのがギター・ソロの曲です。

前半の合唱曲は17世紀ごろの宗教曲で、どちらかというと神妙な雰囲気の作品です。そこにギターの音が不思議な響きを醸し出します。とはいっても、合唱曲では歌が主になってしまうので、せっかくの村治さんのギターがその伴奏になってしまったのが残念です。

ギター・ソロの曲では、やっぱりまず「アルハンブラの思い出」。ラストにアンコールで、「禁じられた遊び」をやってましたが、まあこの2曲がギター曲中のギター曲というところでしょう。かくいう私も、学生時代にはガットギターで、この2曲を練習しました。禁じられた…の方は、とりあえずある程度は弾けるようになりました、アルハンブラの方は、結局途中で挫折した思い出があります。そのあとの曲では、ファンタジア第10番とパッサカリアが面白かったです。また、前半ラストのパッヘルベルの「カノン」も超有名な曲。オルガンの代わりに、ギターの音がホール全体に響いていくのが印象的でした。

後半は、うってかわって現代曲。その中で印象に残ったのは、ヴィラ=ロボスの「5つの前奏曲」の第1番。今日のプログラムでは、第2番、第5番、第1番、それに合唱が加わって第3番、第4番という順序でしたが、第2番、第5番と長調の楽曲が続いた後のホ短調が印象的でした。

演奏会の後は、サイン会。私めも、会場で新作CD「LYRE & SONNET」を買って、30分あまり並んで、しっかりサインをいただいて参りました。(^^ゞ

Similar Articles:

Leave a Comment

NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">