圧倒的! インバル&都響 ショスタコーヴィチ交響曲第11番 “1905年”

東京都交響楽団第320回プロムナードコンサート

お昼頃から冷たい雨が降り出しましたが、サントリーホールでインバル&都響のショスタコーヴィチ交響曲第11番“1905年”を聴いてきました。プログラムは、以下の通り。

  • ブロッホ:ヴィオラと管弦楽のための組曲(管弦楽版日本初演)
  • ショスタコーヴィチ:交響曲第11番 ト短調 「1905年」 作品103

ハープの不安定な和音から始まるショスタコーヴィチの交響曲第11番。1905年の「血の日曜日事件」にテーマをとった作品で、途中、「同志は倒れぬ」や「ワルシャワ労働歌」などの革命歌が引用されます。1時間近く(インバルの指揮は結構きびきびとして速かった)、楽章の切れ目なく演奏されてゆきます。

インバルの指揮は、一言でいって、圧倒的。指揮台から細かく、オケの各所に指示を飛ばしながら指揮をすすめていますが、神経質といった感じはなく、実にのびのびしています。そして、フォルテの部分はもうこれ以上にないというぐらいの大音量で、観客を圧倒してゆく感じです。弦の不安定な響き合いと、高揚した部分との対比が強い印象を与えてくれます。

最後に、不安を予感させつつコーダで終わるというところで、インバルが指揮棒を振り終わらないうちから、拍手してブラボーと叫んだアホな客がいました。まったく、この曲がどんな作品なのか分かっているのでしょうか?! けっして革命歌と高揚のうちに終わらないところに、この作品の“凄み”があるのに…。(-_-;)

しかし、インバルの骨太の演奏は、そういうアホな客のフラインをものともせず、圧倒的な印象を残してくれました。

1曲目は、ブロッホの「ヴィオラと管弦楽のための組曲」(1919年)。この管弦楽版が日本初演だというのが不思議。ソロの鈴木学氏は都響の主席ビオラ奏者。

【演奏会情報】
東京都交響楽団第320回プロムナードコンサート/指揮:エリアフ・インバル/ヴィオラ:鈴木学/ソロ・コンサートマスター:矢部達哉/サントリーホール 2006年11月19日(日) 午後2時開演

【関連ブログ】
瞬間の音楽: インバル=都響のショスタコーヴィチ/交響曲第11番「1905年」
Doblog – 滲んだ音色 -東京都交響楽団 プロムナードコンサートNo.320
えすどぅあ | E.インバル/都響/鈴木学 プロムナード ブロッホ/ショスタコーヴィチ
くーかい’s ブログ インバル&東京都交響楽団のショスタコ
Takuya in Tokyo:インバル/都響 ショスタコーヴィチ11番ほか
こ?ほ?も筆の誤りばっかり!:ブロッホという新しい経験
千葉さとしの「はい、クラシックを聴いてます。」:全集録音指揮者インバルの棒に期待!都響プロムナードコンサート(11/19)
2+12 Life:やっぱりインバルは良い 都響プロムナードコンサートNo.320 
ぷわぷわのあかしろ – コンサートに行ってきました

Similar Articles:

  1. えすどぅあ - trackback on 2006/11/20 at 22:57:31
  2. こ?ほ?も筆の誤りばっかり! - trackback on 2006/11/21 at 00:20:52

Leave a Comment

NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackbacks and Pingbacks: