ボーナスの使い道 大半は貯蓄、生活費の補てん、住宅ローン返済など

昨日の日経新聞で、同紙が全国の会社員を対象におこなった冬のボーナスにかんする意識調査が公表されていました。

それによれば、ボーナスの使い道は、以下の通り。

  1. 貯蓄 36%
  2. 生活費の補てん、その他 23%
  3. 旅行、レジャー 13%
  4. 住宅ローン返済 11%
  5. 耐久消費財などの買い物 10%
  6. 投資 7%

ということで、日経新聞も「景気が回復する中でも、個人の懐は温まりきらず財布の紐は堅い」「依然として貯蓄や生活費の補てんといった“家計防衛”的な使い道が主流」と指摘せざるを得ない結果に。

もともと、この調査は、個人投資の紹介企画の一部としておこなわれたもの。インターネット調査会社に委託して、全国の20歳?59歳までの会社員、公務員のうち冬のボーナスを受け取る予定のある人にネットで呼びかけて、700人の回答を得た、とされています。その意味では、パート、アルバイト、フリーターなどボーナスをもらえない人を初めから除外した調査なのですが、それにもかかわらず、日経新聞社の思惑とは裏腹の結果が出たところが、実に興味深いと思います。

Similar Articles:

Leave a Comment

NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">