アラ還のオッサンがマルクスの勉強やらコンサートの感想やらを書き込んでいます

10月失業率は下がったが…

2006年12月3日 at 11:30:14

10月失業率が下がったというニュースは大きく取り上げられましたが、12月1日に発表された「労働力調査詳細結果(2006年7?9月平均)」を見ると、正社員も増えているけれども、それ以上に非正規社員が増加し、雇用者に占める非正規の割合は33.4%、過去最高に。

図1「正規の職員・従業員」・「非正規の職員・従業員」の対前年同期増減及び「非正規の職員・従業員」の割合(総務省「労働力調査(詳細調査)2006年7?9月」)

4?6月期には、正社員の増加の方が非正規を上回っていたのですが、再び逆転。景気がよくなって、人材不足感が強まっていると言われていますが、それでも正規雇用にシフトしている訳ではない、ということです。

非正社員の比率「3人に1人」超 調査開始から最高記録(Sankei WEB)

非正社員の比率「3人に1人」超 調査開始から最高記録
[Sankei WEB 2006/12/02 02:03]

 総務省が1日発表した7?9月期平均の労働力調査によると、雇用者(役員を除く)に占める非正社員の比率は前年同期より0・5ポイント上昇して33・4%と初めて「3人に1人」を超え、調査開始以来の最高を記録した。雇用環境の改善が指摘される中、企業は依然、正社員の採用に慎重といえる。
 雇用者数は5115万人で前年同期比で94万人増えた。うち正社員は3408万人で同36万人増となり、3期連続で増加した。だが、パート・アルバイト、派遣社員、契約社員などの非正社員も1707万人で同57万人増えたため、非正社員の割合が上昇した。
 とりわけ、“就職氷河期”に大学や高校などを卒業した25?34歳層は正社員が15万人減って、非正社員が5万人増えており、雇用環境改善から取り残されている実態が浮き彫りになった。
 日本総研の山田久・主任研究員は、「経済の動きが目まぐるしく、先行きが見通しにくい中、企業は正社員の採用には慎重にならざるを得ない。今後も緩やかに非正社員化が進むだろう」と予測する。
 雇用者に占める非正社員の比率は、平成3年2月の調査では19・8%だった。現在のような4半期調査が始まった14年当初は28%台で、同年10?12月期に30%台に乗せて以来、増加基調にある。
 同時発表された10月の完全失業率は前月より0・1ポイント改善して4・1%だった。男性は3カ月連続で4・3%、女性は0・3ポイント改善の3・8%。就業者は前年同月比で28万人増加、うち雇用者は45万人増加。完全失業者は23万人減の281万人だった。

Similar Articles:

Tags: ,

Print This Post Print This Post

人気ブログランキングに参加しています。よかったらクリックしてください。

Trackback This Post

http://ratio.sakura.ne.jp/archives/2006/12/03113014/trackback/

Leave a Reply