Daily Archives: 2007/01/08

郵便局のATM撤去―これが「民営化」の結末

郵政民営化によって、地方から郵便局のATMが続々と撤去されています。

郵政公社は、1年間の取り扱い件数約3万5000件を基準に、それを下回るATMの撤去をすすめていますが、利用が少ないからと地方のATMを撤去してしまえば、田舎にすむ人は、お金をおろすのに何キロも出かけないといけない、ということになります。

民営化で地方から郵貯ATM消える?(TBS News-i)

Read more »

中国人捕虜強制労働への賃金不払いを決めた関東軍資料見つかる

関東軍が、中国人捕虜を強制労働させたときに賃金を本人に渡さないことなどを定めていたことを示す文書が発見されました。捕虜を強制労働させるのは、「ハーグ陸戦法規」違反。日中戦争中の中国人捕虜を軍が直接連行して強制労働させていたことを示す貴重な資料です。

今回発見された「関東軍特種工人取扱規程」の一部。中国人捕虜を使役した場合の賃金を本人には手渡さないことなどを明記している(朝日新聞)

旧満州・中国人捕虜強制労働、関東軍が賃金不払い明文化(朝日新聞)

Read more »

「屋根の下で暮らす権利」は国民の基本的権利だ!

フランスですのお話ですが、「屋根の下で暮らす権利」を国民の基本的権利として保障する法案が提出されることになったそうです。

居住権は基本的人権だ、とは、建築学の故・西山夘三さん(京都大学名誉教授)の言葉ですが、居住権の保障が求められるのはホームレスだけではありません。耐震偽装はいうまでもなく、住居の狭さ、都市部の住宅費の高さはひどすぎます。

仏政府、「屋根の下で暮らす権利」法案提出へ(朝日新聞)

Read more »

『フォイエルバッハ論』を使った研究講座の感想

昨年の話になりますが、エンゲルスの『フォイエルバッハ論』を使った「科学的社会主義研究講座」が連続5回で開かれました。研究講座の内容そのものは、いずれ講義をした御本人が公表されることでしょうから、ここでは、その中で僕がなるほどこれは大事だと思ったことに限って、メモします。

Read more »