父親は父親ではなかった…

千葉県船橋市で、父親が病死したのを半年以上放置したとして、34歳の男性が「死体遺棄罪」に問われた事件。しかし、DNA鑑定の結果、死んだ「父親」と被告の間には血縁関係はなかった事実が明らかに。

遺棄の父親は「他人」…“息子”埋葬義務ないと無罪主張(ZAKZAK)

Read more »