安倍発言、海外での反響(3)

こんどはフィナンシャルタイムズ。

Japan ‘won’t apologise again’ over sex slaves(FT.com)

Japan “won’t apologise again” over sex slaves
By David Pilling in Tokyo and Song Jung-a in Seoul
[Financial Times FT.com Published: March 5 2007 05:54 | Last updated: March 5 2007 09:00]

Shinzo Abe, prime minister, told parliament Monday he would not apologise again for Japan’s behaviour during the second world war when it forced tens of thousands of Asian women to work in Imperial Army brothels.

In remarks that could dent improving relations with Asian neighbours and even strain ties with the US, Japan’s closest ally, he disputed the accuracy of a draft US Congress resolution condemning Japan’s wartime activities and calling for an apology.

Mr Abe said: “There will be no instance in which we apologise because of a resolution. The draft resolution is not based on objective facts.”

Yasuhisa Shiozaki, chief cabinet secretary, said Mr Abe would stick to a 1993 apology in which Japan acknowledged and apologised for coercion “in the broad sense.”

Some on the right in Japan, including Mr Abe, concede that the Japanese military recruited sex slaves through middlemen, but deny direct coercion.

Jeffrey Kingston, professor of Asian studies at Temple University in Tokyo, said: “It reminds me of [former US president Bill] Clinton’s: It depends on what your definition of ‘is’ is. This kind of legalistic loophole doesn’t play well.”

Prof Kingston said there was no doubt Japan systematically organised the recruitment of sex slaves on a mass and unprecedented scale. Some Japanese historians dispute that, saying prostitutes voluntarily responded to a market need.

Gerry Curtis, Burgess professor of political science at Columbia University, said girls as young as 14 were recruited to Japanese brothels to service Japanese soldiers. “They should say it was a terrible thing to do and let it go,” he said. “This does terrible damage to Japan’s image.”

Yang Seung-ham, a professor of politics and diplomacy at Yonsei Univeristy, said Mr Abe’s comments could have a more damaging impact on Korea-Japan relations than visits by Junichiro Koizumi, his predecessor, to the controversial Yasukuni shrine. “His inappropriate comments show that Tokyo is not willing to improve its relations with Korea, China and other Asian countries,” he said.

A cross-party group of 30 South Korean politicians issued a statement saying: “Attempts to cover up atrocities committed against comfort women are as futile as attempts to cover up heaven with your palm.” It added: “The more Japan attempts to cover this up, the heavier its responsibility for its oppressive colonial rule and cruel war crimes will become.”

South Korea’s foreign ministry, which on the weekend expressed its “strong regret” over earlier comments from Mr Abe, said his attitude “cast doubts on the sincerity of Japan’s regret and atonement” as expressed in the 1993 apology.

Commentators in Japan differed as to whether Mr Abe was trying to shore up his rightwing support base at home or was simply expressing sincerely held views that Japan was too often singled out for wartime atrocities.

Historians around Mr Abe also resent what they regard as US meddling in Japan’s affairs after the introduction of a draft resolution on the “comfort women” issue by US House of Representatives member Michael Honda, a California Democrat.

On Friday, John Negroponte, deputy secretary of state, described Japan’s treatment of Asian sex slaves as “most deplorable”.

三度目のヘッポコ拙訳です。したがって翻訳の引用・転載はご遠慮ください。翻訳の間違いはお許しあれ。

日本は性奴隷に「二度と謝らない」
デイヴィッド・ピリング(東京)、ソン・ユンナ(ソウル)
[フィナンシャルタイムズ、2007年3月5日]

 安倍晋三首相は、月曜日、国会にたいして、何万人ものアジア人女性たちを旧帝国陸軍慰安所で働くことを強制した第2次世界大戦中の日本の行為について二度と謝罪しないと語った。
 アジア隣国との改善しつつある関係を悪化させ、もっとも緊密な同盟国である米日関係をこじらせるかもしれないという批評のなかで、彼は、日本の戦時の活動を非難し謝罪を求める米下院決議案の正確さについて反駁した。
 安倍氏はこう言った。「私たちが、決議を理由に謝ることははない。決議案は客観的な事実にもとづいていない」。
 塩崎恭久官房長官は、安倍氏は、日本が「広い意味での」強制を認め謝罪した1993年の謝罪を守ると言った。
 安倍氏を含む日本の右翼のある部分は、日本軍が仲介者を通じて性奴隷を徴募したことは認めるが、直接的な強制は否定する。
 ジェフリー・キングストン・東京テンプル大学アジア研究教授は、こう言った。「それは私にビル・クリントン前米大統領を思い出させる。それは、あなたの『is』の定義に依存する。この種の法律形式主義的な抜け道はうまくいかない」。
 キングストン教授は、日本が大量かつ未曾有の規模で性奴隷の制度的な徴募を組織したことは疑いないと言った。日本人の歴史家のなかには、売春婦が自発的に市場の需要に答えたと言って、そのことに異議を唱えるものもいる。
 ジェリー・カーティス・コロンビア大学政治学教授は、14歳ぐらいの若い少女たちが日本兵を慰めるために日本の慰安所に徴募されたと言った。「彼女たちは、それが恐ろしい出来事だったし、実際にそうだったというべきだ」と彼は言った。「これは日本のイメージへの恐ろしいダメージをあたえる」
 ヤン・スンハム・ヨンセイ大学政治外交教授は、安倍氏のコメントは、論争の的になっている靖国神社への小泉純一郎・前首相の訪問以上に、韓日関係に大きなダメージをあたえるだろうと言った。「彼の不適切なコメントは、東京が韓国、中国それに他のアジア諸国との関係を改善するつもりがないことを示している」と彼は言った。
 30人の韓国政治家の超党派グループは声明を出した。その声明は次のように言っている。「従軍慰安婦にたいして犯された残虐行為を覆い隠そうという試みは、あなたの手のひらで天国を包み込もうとする試みと同じほど無駄である」。さらにこう続けている。 「日本がこれを覆い隠そうとすればするほど、日本がおこなった圧制的な植民地支配と残虐な戦争犯罪にたいするその責任はますます重くなるだろう」
 韓国外務省は、先週末、安倍氏による最初のコメントにたいして「強い遺憾」を表したが、彼の姿勢は1993年の謝罪に表現された「日本の遺憾および償いの誠実さにたいして疑いの目を投げかけさせる」と言った。
 日本の解説者は、安倍氏が自分の右翼的支持基盤を強化しよとしているのか、あるいは、たんに、日本があまりにしばしば戦時残虐行為のためにひっぱりだされるという見解を持っているということをただ表現しているだけか、意見が割れている。
 安倍氏をとりまく歴史家たちもまた、マイケル・ホンダ米下院議員(カリフォルニア・民主党)によって「従軍慰安婦」問題にたいする決議案の提出が公表されてからは、アメリカが日本の問題にくちばしをつっこんでいると考え、腹を立てている。
 金曜日、ジョン・ネグロポンテ国務副長官は、アジア人性奴隷にたいする日本の対応について「最も嘆かわしい」と述べた。

記事の最後に出てくる、ネグロポンテ米国務副長官が従軍慰安婦問題を「最も嘆かわしい」と述べたとする記事は、こちらです。

Similar Articles:

  1. 壊れる前に… - trackback on 2007/03/08 at 00:00:53

Leave a Comment

NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackbacks and Pingbacks: