下院決議案をよく読んでみた

米下院に提出されている従軍慰安婦決議案に何が書かれているのか、あらためて読んでみました。

決議案はこちらから。↓
http://www.govtrack.us/congress/billtext.xpd?bill=hr110-121

RESOLUTION

Expressing the sense of the House of Representatives that the Government of Japan should formally acknowledge, apologize, and accept historical responsibility in a clear and unequivocal manner for its Imperial Armed Force’s coercion of young women into sexual slavery, known to the world as ‘comfort women’, during its colonial and wartime occupation of Asia and the Pacific Islands from the 1930s through the duration of World War II.

Whereas the Government of Japan, during its colonial and wartime occupation of Asia and the Pacific Islands from the 1930s through the duration of World War II, officially commissioned the acquisition of young women for the sole purpose of sexual servitude to its Imperial Armed Forces, who became known to the world as ianfu or ‘comfort women’;

Whereas the ‘comfort women’ system of forced military prostitution by the Government of Japan, considered unprecedented in its cruelty and magnitude, included gang rape, forced abortions, humiliation, and sexual violence resulting in mutilation, death, or eventual suicide in one of the largest cases of human trafficking in the 20th century;

Whereas some new textbooks used in Japanese schools seek to downplay the ‘comfort women’ tragedy and other Japanese war crimes during World War II;

Whereas Japanese public and private officials have recently expressed a desire to dilute or rescind the 1993 statement by Chief Cabinet Secretary Yohei Kono on the ‘comfort women’, which expressed the Government’s sincere apologies and remorse for their ordeal;

Whereas the Government of Japan did sign the 1921 International Convention for the Suppression of the Traffic in Women and Children and supported the 2000 United Nations Security Council Resolution 1325 on Women, Peace, and Security which recognized the unique impact of armed conflict on women;

Whereas the House of Representatives commends Japan’s efforts to promote human security, human rights, democratic values, and rule of law, as well as for being a supporter of Security Council Resolution 1325;

Whereas the House of Representatives commends those Japanese officials and private citizens whose hard work and compassion resulted in the establishment in 1995 of Japan’s private Asian Women’s Fund;

Whereas the Asian Women’s Fund has raised $5,700,000 to extend ‘atonement’ from the Japanese people to the comfort women; and

Whereas the mandate of the Asian Women’s Fund, a government initiated and largely government-funded private foundation whose purpose was the carrying out of programs and projects with the aim of atonement for the maltreatment and suffering of the ‘comfort women’, comes to an end on March 31, 2007, and the Fund is to be disbanded as of that date: Now, therefore, be it

Resolved, That it is the sense of the House of Representatives that the Government of Japan–

(1) should formally acknowledge, apologize, and accept historical responsibility in a clear and unequivocal manner for its Imperial Armed Force’s coercion of young women into sexual slavery, known to the world as ‘comfort women’, during its colonial and wartime occupation of Asia and the Pacific Islands from the 1930s through the duration of World War II;

(2) should have this official apology given as a public statement presented by the Prime Minister of Japan in his official capacity;

(3) should clearly and publicly refute any claims that the sexual enslavement and trafficking of the ‘comfort women’ for the Japanese Imperial Armed Forces never occurred; and

(4) should educate current and future generations about this horrible crime while following the recommendations of the international community with respect to the ‘comfort women’.

またもやヘッポコ訳。

決議案

 米下院は、以下の意見を表明する。日本政府は、明瞭かつ疑問の余地のないやり方で、日本帝国軍が、1930年代から第2次世界大戦を通じて、アジアおよび太平洋諸島の植民地および戦時占領のあいだに、若い女性たち――世界的に「慰安婦」として知られる――を強制的に性的奴隷としたことについて、公式に認め、謝罪し、歴史的な責任を受け入れるべきである。

 日本政府が、1930年代から第2次世界大戦を通じて、アジアおよび太平洋諸島の植民地および戦時占領の間に、帝国軍にたいして、性的奴隷状態という唯一の目的のために若い女性たち――世界的にイアンフあるいは「慰安婦」として知られる――を獲得する権限を公式にあたえたことにかんがみ――
 日本政府によって強制された軍の売春である「慰安婦」システムが、その残酷さと規模において未曾有であるとみなされているが、集団レイプ、強制的な堕胎、辱めと性暴力――それは、20世紀における人身売買の最大事例の1つにおける、不具化、死あるいは結果としての自殺に帰着した――を含んでいたことにかんがみ――
 日本の学校で使われる何冊かの新しい教科書が「慰安婦」の悲劇および第2次世界大戦中のそのほかの日本の戦争犯罪を軽視しようとしたことにかんがみ――
 日本の公的あるいは民間の当局者が、最近、1993年に河野洋平官房長官によって発表された「慰安婦」問題についての声明――それは、政府の心からの謝罪および彼女たちの苦難にたいする悔恨を表した――を薄めるかあるいは無効にしたいという願望を表わしたことにかんがみ――
 日本政府が、1921年の女性や子どもたちの売買禁止のための国際会議に署名し、武力紛争が女性にあたえる独特の影響を想起させた女性・平和および安全にかんする国連安全保障理事会決議1325を支持したことにかんがみ――
 米下院が、人間の安全保障、人権、民主主義的な価値、および法の支配を促進するための日本の努力を、安保理決議1325のサポーターであることとともに賞賛したことにかんがみ――
 米下院が、その困難な仕事と思いやりとが1995年の日本の民間のアジア女性基金の設立に帰結した日本の当局者と民間市民を、賞賛したことにかんがみ――
 アジア女性基金が、従軍慰安婦たちに日本人からの「償い」を広げるために570万ドルにのぼったことにかんがみ――そして
 ところが アジア女性基金――「慰安婦」の虐待と苦難にたいする償いを目的としたプログラムとプロジェクトを実行することを目的とした、政府が発議し大部分を政府が資金を提供した民間基金――の期限が2007年3月31日に終わりをむかえること、そして、基金がその日に解散することにかんがみ――

それゆえ、米下院の意見として以下の通り決議する。日本政府は

  1. 明瞭かつ疑問の余地のないやり方で、日本帝国軍が、1930年代から第2次世界大戦を通じて、アジアおよび太平洋諸島の植民地および戦時占領のあいだに、若い女性たち――世界的に「慰安婦」として知られる――を強制的に性的奴隷としたことについて、公式に認め、謝罪し、歴史的な責任を受け入れるべきである。
  2. その資格において日本の首相によって表明された公的声明として、公の謝罪を与えるべきである。
  3. 日本帝国軍のための性奴隷化および「慰安婦」の売買は決して生じなかったという全ての主張を、明瞭かつ公式に、論駁すべきである。そして、
  4. 「慰安婦」にかんする国際社会の勧告に従って、このおぞましい犯罪について、現在および未来の世代を教育すべきである。

こういう文章は独特のスタイルがあるので、ますます僕には正確な翻訳をするだけの能力がありません。

しかし、全体として、内容的には河野談話とほとんど同じ。それを否定するような最近の動きに照らして、明瞭かつ誤解の余地のないやり方で首相が言明し、政府が「従軍慰安婦」の存在を否定する言動に反駁すること、そして「従軍慰安婦」問題をしっかりと学校教育で教えていくことをあらためて求めているのだと思います。それを「認めない」と言えば、いくら「河野談話は継承する」と言っても、やっぱり「従軍慰安婦」を否定していると受け取られるのは当然でしょう。

Similar Articles:

Leave a Comment

NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">