Daily Archives: 2007/03/30

制御棒の4分の1が抜け落ちていた… 東電・福島第1原発

東京電力の福島第1原発で、1998年の定期検査中に、制御棒の約4分の1が一度に抜け落ちる事故があったことが明らかに。

この間判明した制御棒脱落事故は、全部、沸騰水型原発で起こっていますが、これには構造的な理由があるそうです。軽水炉原発には、加圧水型と沸騰水型の2タイプがありますが、加圧水型の場合、制御棒は上からつるしていて、何か事故が起こって制御棒のコントロールができなくなった場合には、自重で下に落ちる――つまり、制御棒がささった状態になるようになっています。それにたいし、沸騰水型の場合、原子炉の構造上、制御棒は下から上に差し込むかっこうにならざるをえません。そのため、何かトラブルがあると、制御棒が下に抜けてしまう危険性がある訳です。

この事故では臨界に至らなかったとはいえ、全部で137本の制御棒のうち約4分の1にあたる34本が同時に抜け落ちたというところが非常に恐ろしいですね。

制御棒一時34本抜ける 福島第一原発(朝日新聞)
原発「不適切な事例」、97件 東電含め電力7社(朝日新聞)

Read more »

フジッコ、未払い残業代7億円支払いへ

加工食品メーカーのフジッコが、未払いの残業代などを過去2年間にさかのぼって支払うと発表。支払額は7億円、従業員1人あたり70?80万円になるらしい。

残業7億円支払いへ フジッコ、未払い30万時間分(朝日新聞)

Read more »

教科書検定 沖縄戦の集団自決は日本軍の「強制」でなかった?!

文部科学省の教科書検定で、沖縄戦の集団自決について「日本軍の強制」の記述に検定意見がつき、修正が求められることに。

しかし、軍が自決を命じなかったのであれば、いったい何のために手榴弾を配ったというのでしょうか?

沖縄戦集団自決「強制」記述に修正意見 教科書検定(朝日新聞)
“集団自決に軍関与”を削除(NHKニュース)
文科省、沖縄戦通説に「待った」=教科書検定(時事通信)

Read more »

携帯からの投稿

バスの窓から外の雨模様を写してみたのですが…

雨です。風も強いですし、結構寒いです。

Read more »

3月の演奏会

3月は忙しいさなかでしたが、演奏会に2つ行ってきました。

1つは、20日の都響の定期演奏会(第640回、Bシリーズ)。プログラムは、以下のとおり。指揮は小泉和裕氏、クラリネットはカール・ライスター氏でした。

 ブラームス:ハイドンの主題による変奏曲
 モーツァルト:クラリネット協奏曲
 ブラームス:交響曲第3番

2つめは、29日の読響の定期演奏会。この日は、1998年から読響常任指揮者をつとめていたゲルト・アルブレヒトが振る最後の定期演奏会。プログラムは、マーラー交響曲第9番でした。

Read more »

労働者、権利を守るために立ち上がる!!

不当な低賃金の、未払い賃金の支払いを求めて労働者が訴えたというニュース2つ。

京阪タクシーの事例は、月42万円の売り上げノルマに到達しなければ、給与は売り上げの40%のみという厳しいルール。しかし、いまはタクシー過剰で、運転手さんも大変です。

ベトナム人研修生がトヨタの下請け企業を訴えたという事件は、よくある外国人労働者の研修・実習制度を悪用した例。外国人だからということで、日本の最賃以下の給料しか支払わず、さらに貯金と称して、賃金の一部を渡さない、という事件です。

「低賃金は不当」 宇治のタクシー乗務員、労働審判申し立て(京都新聞)
トヨタ系下請けなど提訴 研修・実習生のベトナム人(東京新聞)

Read more »