アラ還のオッサンがマルクスの勉強やらコンサートの感想やらを書き込んでいます

長崎市長、銃撃される―テロ行為は絶対に許されない!!

2007年4月17日 at 23:35:59

長崎市の伊藤一長市長が銃撃され、心肺停止の重体に。

思想的な背景や政治的な動機が何であったとしても、テロ行為は、言論・政治活動の自由、民主主義を否定するもの。絶対に許されません。何がこんな事件を引き起こしたのか、究明される必要があります。

長崎市長撃たれ心肺停止 山口組系組員を現行犯逮捕(東京新聞)

長崎市長撃たれ心肺停止 山口組系組員を現行犯逮捕
[東京新聞 2007年4月17日 23時09分]

 17日午後7時50分ごろ、長崎市の伊藤一長市長(61)がJR長崎駅前の選挙事務所近くで、背後から男に拳銃で撃たれた。長崎県警によると、長崎大病院に運ばれたが、心肺停止の状態。男はその場で取り押さえられ、殺人未遂の現行犯で逮捕された。長崎県警によると男は長崎市の指定暴力団山口組系水心会会長代行、城尾哲弥容疑者(59)。容疑を認めているという。
 長崎県警によると、城尾容疑者は「自分が撃ったことに間違いない」と供述、県警は回転式の拳銃1丁を押収した。警察当局によると、市長は2発撃たれた。逮捕された城尾容疑者は長崎市との間で、入札をめぐるトラブルがあったという。
 伊藤市長事務所の男性らによると、伊藤市長は事務所の近くで選挙カーを降りて、事務所に向かう途中で背後から至近距離で撃たれたという。2回銃声を聞いたといい、市長はうつぶせに倒れて動かず、その後救急車で長崎大病院に搬送された。
 伊藤市長は22日投開票の市長選に4選を目指して出馬、選挙運動中だった。(共同)

Similar Articles:

Print This Post Print This Post

人気ブログランキングに参加しています。よかったらクリックしてください。

One Response to “長崎市長、銃撃される―テロ行為は絶対に許されない!!”

  1. 伊藤・長崎市長が銃撃され死亡…

    バタバタ続きななかですが、言論の自由と民主主義から見て大変な事件が起きたので、一 (more…)

Trackback This Post

http://ratio.sakura.ne.jp/archives/2007/04/17233559/trackback/

Leave a Reply