アラ還のオッサンがマルクスの勉強やらコンサートの感想やらを書き込んでいます

影の薄い人

2007年4月21日 at 23:14:38

ブッシュ大統領にしてみれば、コイズミでもアベでも関係ないようです。

「親友はコイズミ首相」・米大統領、印象なお強く?(NIKKEI NET)

「親友はコイズミ首相」・米大統領、印象なお強く?
[NIKKEI NET 2007/04/20 00:02]

 「国際社会での親友の1人が日本の首相。プライム・ミニスター・コイズミは平和のパートナーだ」。ブッシュ米大統領が19日の講演で、こう強調する場面があった。
 大統領の頭の中では相変わらず小泉純一郎氏の印象が強いことを浮き彫りにした格好。26日から訪米する安倍晋三首相にとって、いかに個人的な信頼関係を築くかが課題となりそうだ。
 演説は米国と戦争した日本が現在では民主化したと紹介する内容。イラク民主化の模範例になると続く大統領の得意のフレーズだ。
 安倍政権になった昨年9月以降は「当時の小泉首相と話し合った」「もう首相官邸にいない前首相」などと話したが、この日の演説では前職を意味する「フォーマー」は付いていなかった。(ワシントン=丸谷浩史)

Similar Articles:

Print This Post Print This Post

人気ブログランキングに参加しています。よかったらクリックしてください。

Trackback This Post

http://ratio.sakura.ne.jp/archives/2007/04/21231438/trackback/

Leave a Reply