アラ還のオッサンがマルクスの勉強やらコンサートの感想やらを書き込んでいます

中央線がベタ遅れ…

2007年5月25日 at 12:23:27

雨の日はいつもそうなのですが、今朝の中央線はベタ遅れ。新宿駅に着くまでに15分?20分以上遅れました。

車内放送によれば、ドアにものがはさまったので非常停止したということでした。昨日の↓この事故のあとJR東日本はドア締めの安全確認を徹底すると言っていたので、そのせいかも知れません。

ドア締め安全確認は当然ですが、それをきちんとやれば電車が遅れるというのは困りものです。(要するに、無理なダイヤになっているということ)

ベビーカー挟み電車発進、4か月男児と母軽傷…JR神田駅(読売新聞)

ベビーカー挟み電車発進、4か月男児と母軽傷…JR神田駅
(2007年5月25日0時3分 読売新聞)

 24日午後2時45分ごろ、東京都千代田区のJR神田駅で、山手線内回り電車(11両編成)が、ドアにベビーカーの前輪を挟んだまま発車、約20メートル走って緊急停止した。
 ベビーカーには生後4か月の男児が乗っており、ホームにいた男性会社員(41)が電車が停止する直前に助け出した。男児は頭に軽い擦り傷、母親(27)も電車を追いかけて転倒し、腰に軽い打撲傷を負った。
 警視庁万世橋署によると、母親がベビーカーを押して、前から3両目に乗り込もうとした際、ドアが閉まり、ベビーカーの右側前輪の足の部分が挟まれた。電車はベビーカーを引きずって走り出したが、近くにいた2人がホーム上の非常ボタンを押したため緊急停止。居合わせた男性会社員が男児をベビーカーから取り上げるなど、周囲の連係プレーで大事に至らなかった。電車は10分後に運転を再開した。
 JR東日本によると、事故当時、同駅ではホームに係員はおらず、車掌がホームや車両を映すモニター画面と目視で安全を確認することになっていた。また、ドアには、2センチ以上のものを挟むと自動的に開くセンサーが付いていた。同社では「車掌がモニターや目視できちんと安全確認を行ったのか調べたい。センサーは、車輪の足が細かったので反応しなかった可能性もある」と話している。

※追記
夕方も、2?3分ですが、遅れていました。ドア締めの安全確認をきちんとやろうとしたら、どうしてもこうなる、ということでしょうか。しかしだとしたら、これまでは「ある程度」のところで見切り発車していた、ということでもあるわけで、困ったもんです。

Similar Articles:

Tags:

Print This Post Print This Post

人気ブログランキングに参加しています。よかったらクリックしてください。

Trackback This Post

http://ratio.sakura.ne.jp/archives/2007/05/25122327/trackback/

Leave a Reply