終わりよければ…

都響第645回定期演奏会

一昨日(23日)、都響の定期演奏会に行ってきました。今回も会場はオペラシティです。

  ベートーヴェン:序曲「レオノーレ」第3番 op.72b
  ヴォルフ:「メーリケ詩集」より 祈り/古い絵に/聖受難週間/朝早く/
        ためいき/眠りに寄す
        「スペイン歌曲集より」 お前が花を摘みに行くとき
        「ゲーテ詩集」より ねずみをとる男
      (休憩)
  R.シュトラウス:4つの最後の歌
  R.シュトラウス:組曲「ばらの騎士」

前半はしっとり、後半はR・シュトラウスで楽しく(「4つの最後の歌」は、楽しくというのには合わないかも知れませんが)、というプログラムでしょうか。指揮はニールス・ムース氏。独唱は、ヴォルフをテノールのカール=ミヒャエル・エブナー氏、R.シュトラウスをソプラノの中嶋彰子さん。

最初のベートーヴェンで、まずなんだかよく分かりませんが、もたつく感じがして???と疑問符を抱えながら聴いていました。しかしこれはまだ序の口。ヴォルフの歌曲になると、そもそもソリストの声が出ておらず、聴いている方がつらくなるぐらい。とうとう途中でいったん袖にはけていましたが、まったくもって残念な出来でした。

それに比べたら、後半のR・シュトラウス「4つの最後の歌」は、ちゃんと声も出ていて、歌詞を追いかけながら、味わわせていただきました。

そしていよいよ最後の「バラの騎士」ですが、これがなんだか難しい(?)のです。リヒャルト・シュトラウスなんだから、もっと軽く演奏してもよさそうと思うのですが、そして指揮者もそんな感じで振っていると思ったのですが、どうも都響の演奏は固くなってしまったというか、生真面目すぎるというか…、もうひとつだったなぁ?というのが正直な感想です。しかし、とりあえず最後は盛り上がったので、「終わりよければ…」というところでしょうか。(^_^;)

Similar Articles:

Leave a Comment

NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">