歴史学に対する侮辱だ!!

歴史学というものは、「文書資料が出てこないから、そうした事実はなかった」と言っていればすむような単純なものではありません。

文書資料は、つねにある意図のもとにつくられ、ある意図のもとに、あるいはさまざまな偶然的な要素から残ったり、残らなかったりするものです。そういうものをすべて勘案して、歴史的事実を復元するのが、歴史学の実証手続きです。

教科書検定は「学術的な観点で検討」 首相、沖縄慰霊祭に出席(産経新聞)

Read more »