有料化とごみ減量

これも備忘録。本日付日経新聞の39面「東京・首都圏経済」欄の「メガロリポート」にのっていた表。

ごみ袋の有料化とごみの削減効果
〔単位:袋1リットル当たりの円、導入前後各1年比較%〕

実施時期 料金 減少率
八王子市 04年10月 1.83 16.1
武蔵野市 04年10月 2.00 2.5
青梅市 98年10月 1.20 19.6
調布市 04年4月 1.72 6.5
町田市 05年10月 2.00 2.0
日野市 00年10月 2.00 26.1
清瀬市 01年6月 1.10 9.1
稲城市 04年10月 1.53 5.4
羽村市 02年10月 1.48 8.3

これを見ると、全体としてごみは減ってはいるものの、有料化でぐっと減量した市(八王子市、青梅市、日野市)と、そうでないところとの差が大きい。また、減量率と料金との相関はみられない。

つまり、有料化はごみ減量に役立たないとは言わないものの、有料化しさえすればごみが減る、というほと単純な問題ではない、ということ。八王子、青梅、日野が現在どうなっているか、また有料化と並行してごみ減量のどんな取り組みをしたのか、そのあたりをきちんと検討する必要がありそうだ、ということです。

Similar Articles:

Leave a Comment

NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">