柏崎・刈羽原発でトラブル続々…

読売新聞によれば、柏崎・刈羽原発では、地震の影響とみられるトラブルが次々に見つかっているようです。主排気筒でのヨウ素の検出、排気ダクトの外れ、固定ボルトの折損、低レベル放射性廃棄物を入れたドラム缶の転倒、などなど。まだ全部が調査された訳でもなく、さらに見つかる可能性もあります。

耐震設計の想定の2倍以上の揺れ、というのは、そういうことなのです。

柏崎刈羽原発、全7基でトラブル50件…地震対策見直しへ(読売新聞)

Read more »