宗教は妄想である

リチャード・ドーキンス『神は妄想である 宗教との決別』(早川書房)

『利己的な遺伝子』で話題を呼んだリチャード・ドーキンスが、こんな本を出していました。全部で550ページほどもある大著。徹底的に「神は妄想である」ことを論じています。

Read more »