Daily Archives: 2007/08/11

今週の「九条の会」(8月10日まで)

全国各地の「九条の会」の活動をつたえるニュースをインターネットから拾い集めています。7月は選挙があったので、ちょっと少なめ。

Read more »

「駆けつけ警護」論の落とし穴

「駆けつけ警護」と言われているのは、海外に派遣された自衛隊が共に活動する外国軍が襲われた際に、その場に駆けつけて応戦・援護するというもの。しかし、ここには重大な混同がふくまれています。

国連PKOの場合、PKOに派遣された部隊がどのように応戦・戦闘するかどうかは、日本政府の指揮する問題ではありません。

しかし、国連PKOでなく、イラク派兵の場合のように、多国籍軍に自衛隊が出て行った場合、自衛隊が外国軍隊の「駆けつけ警護」をするかどうかは、文字通り、「国権の発動」としての武力行使。相手が米軍だけを攻撃しているときに、自衛隊が応戦に入れば、当然、日本は、相手国との戦闘状態に突入します。このようなことを「警護」の名目でやろうというのが、姑息だというのです。

駆けつけ警護に容認論 集団的自衛権、有識者懇で大勢(asahi.com)

Read more »

体調不良

明日出張だというのに、風邪を引いてしまいました。エアコンに当たり過ぎたようです。

ということで、今晩の出発はキャンセルして、一晩うちでおとなしくしています。(^_^;)

そのかわり、明日は朝5時発。大丈夫かな〜

やっぱり秘密体質 東京電力

中越沖地震がおきたさい、柏崎刈羽原発の放射線管理区域の中にいた作業員400人が、放射線検査を受けずに外に避難していたことが明らかに。

地震などで検査用ゲートが故障するという事態は予測しておくべきでした。もちろん作業員のみなさんだって避難はしなければなりません。そのための準備不足ということです。

柏崎刈羽原発作業員、検査受けず外へ(TBS News-i)

Read more »

集団的自衛権行使の憲法解釈変更はあきらめた…?!

中日新聞は、安倍内閣が集団的自衛権行使のための憲法解釈の変更をおこなわないことを決めたと報道。はたして、ほんとうにそうなるのかどうか油断はできませんが、しかし、これも自民・公明の歴史的大敗がもたらしたもの。引き続き、集団的自衛権行使のたくらみそのものをあきらめさせるまで、がんばりましょう。

集団的自衛権、今秋国会での「容認」断念 政府、関連法整備も着手せず(中日新聞)
集団的自衛権、憲法解釈見直しは不透明に・安全保障懇談会(日経新聞)

Read more »