アラ還のオッサンがマルクスの勉強やらコンサートの感想やらを書き込んでいます

改造1週間で遠藤農相辞任へ

2007年9月2日 at 23:09:21

遠藤武彦農相がが理事長を務めている共済組合が災害保障金を不正受給していた問題で、農相が辞任へ。

改造内閣発足1週間での閣僚辞任、トホホ内閣です。

遠藤農相、3日に辞表提出 安倍改造内閣に大打撃(中日新聞)
坂本外務政務官も辞任 領収書を二重計上(東京新聞)

遠藤農相、3日に辞表提出 安倍改造内閣に大打撃
[中日新聞 2007年9月2日 22時33分]

 遠藤武彦農相(68)=衆院山形2区=は2日、自身が組合長理事を務めている「置賜農業共済組合」(山形県米沢市)が農業災害補償法に基づく掛け金115万円を国から不正受給していた問題の責任を取り、辞任する意向を固めた。自民党関係者が明らかにした。3日午前、安倍晋三首相に辞表を提出する。
 参院選惨敗を受け、8月27日に内閣を改造し再スタートを切ったばかりの出直し内閣の閣僚から早くも辞任者が出ることは、安倍首相の指導者としての資質に大きな疑問符を付けた形で、政権に大きな打撃を与えるのは確実だ。
 昨年9月の安倍内閣発足後、不祥事が絡んだ閣僚交代は5人目。農相は故松岡利勝、赤城徳彦両氏に続く3代連続の途中交代となる。
 不正受給問題が表面化した9月1日の記者会見で農相は「大臣を受けた以上、最大限努力したい」と辞任しない考えを強調していたが、世論の反発を踏まえ決断したとみられる。(共同)

さらに、政治資金報告で領収書の二重計上をしていた坂本由紀子外務政務官も辞任へ。

坂本外務政務官も辞任 領収書を二重計上
[東京新聞 2007年9月2日 23時14分]

 政党支部の政治資金収支報告書に領収書の二重計上の疑いがあることを認めた坂本由紀子外務政務官(参院静岡選挙区)は2日、外務政務官を辞任する意向を固めた。自民党関係者が明らかにした。3日にも辞表を出すとみられる。
 坂本氏は1日の記者会見で「政治責任を果たし、(詳細を)報告するのが務めだ」と辞任を否定したが、与謝野馨官房長官が2日夜に坂本氏と会い、進退問題を協議した。
 坂本氏によると、2004年の5月10日付で8万7537円の会議費領収書を自民党参院静岡選挙区支部の収支報告書に添付していたが、翌05年収支報告書にも同じ額の会議費の領収書を添付していた。
 坂本氏は元厚生労働省局長で、当選1回。今回の内閣改造に伴い、外務政務官に就任した。(共同)

Similar Articles:

Print This Post Print This Post

人気ブログランキングに参加しています。よかったらクリックしてください。

Trackback This Post

http://ratio.sakura.ne.jp/archives/2007/09/02230921/trackback/

Leave a Reply