アラ還のオッサンがマルクスの勉強やらコンサートの感想やらを書き込んでいます

旭岳・姿見ノ池周辺

2007年9月24日 at 13:59:15

旭岳・姿見ノ池周辺の写真です。デジカメの電池が途中でなくなってしまったので、途中から携帯変更。あまりたくさん写真は撮れませんでした。というか、安物のデジカメや携帯写メでは、とてもこの風景は収まらない、というのが正直な感想です。(クリックしてください。写真が大きくなります)

旭岳ロープウェイの山麓駅から旭岳頂上を見上げたところ。向こうから下りのゴンドラがやってきます。いつもは15分間隔での運転だそうですが、23日は連休でお客さんが多く、上り下りの折り返し運転になっていました。

旭岳ロープウェイ山麓駅から見上げた旭岳

↓まもなくロープウェイの山頂側の駅・姿見駅に到着します。5合目の山頂駅は標高約1600m。途中、ロープウェイからみえる森林は、あちらこちら紅葉が見えますが、満員なので思うような写真が撮れませんでした。(^_^;)

ロープを支えている鉄塔を超える度にゴンドラが大きく揺れ、お客さんからは悲鳴が上がっていました。

まもなく姿見駅に到着します。途中はちょうど紅葉のシーズン

↓姿見駅から、旭川方面を眺めたところ。紅葉の真っ盛りですが、針葉樹(ハイマツ)が多いので、あたり一面真っ赤というよりも、ところどろこに赤(ナナカマド)や黄色(タケカンバ)の紅葉が見える、という感じです。地元の方の話だと、今年は暑さが続いたので紅葉はいま一つだとか。でもきれいです。

姿見駅から北西方向を眺める。針葉樹の間に赤や黄色の紅葉がちりばめられています。

↓姿見ノ池からちょっと上った第5展望台から、地獄谷の噴煙方向の眺め。連休で天気も良かったので、お客さんで一杯です。カップル、家族連れ、おじいちゃん、おばあちゃん、子ども、赤ん坊…。ヒールをはいている人こそいないものの、軽登山の格好をしているひとから、それこそ繁華街を歩いているような風体の若者まで、いろいろです。

姿見の池近くの第5展望台から地獄谷の噴煙方向を見る

↓同じく第5展望台から旭岳山頂方向の眺め。山頂を目指して上っていく人もたくさんいました。

第5展望台から朝日岳山頂方向を見る

↓地獄谷の噴煙を間近に眺める。水蒸気だけかと思っていたら、噴気口に黄色く硫黄がべったりついていたので、火山性ガスが噴出しているようですね。旭岳はまだまだ現役、ということです。

地獄谷の噴煙

↓夫婦池を見下ろしたところ。向かって左が摺鉢池、右が鏡池。向こうから、お客さんがたくさん歩いてきます。

夫婦池。左が摺鉢池、右が鏡池

↓花のシーズンは終わってしまったようですが、よくみるとこんな可愛らしい花が咲いていました。リンドウの花も見かけましたが、霜にやられたのか、半分茶色くなっていました。

シラタマノキ

↑花だと思ったら、ツツジ科のシラタマノキという植物の実だそうです。気がつきませんでした。(^_^;)

Similar Articles:

Print This Post Print This Post

人気ブログランキングに参加しています。よかったらクリックしてください。

3 Responses to “旭岳・姿見ノ池周辺”

  1. 旭岳、今日、初冠雪だったそうです。
    ↑そんなに涼しそうにはみえませんね。

  2. winter-cosmosさん、こんばんは。

    せっかく札幌の見所をご紹介いただいたのに、まったく違うところへ行ってしまいました。札幌観光は次の楽しみにします。(^_^;)

    それはそうと、確かに写真はあまり寒そうに見えませんね。風は冷たかったのですが、天気がよかったし、歩き回っていたからかも知れません。姿見ノ池あたりでも、例年なら初冠雪の頃には真っ赤に紅葉しているそうですが、今年は暑さが続いたせいか、まだまだ緑色でした。

  3. 一気に秋の気配 大雪山系旭岳付近…

     しばらく暑かったり、寒かったり気温の変動が大きいなぁと思って過ごしていたら、北海道でも最高峰の大雪山系旭岳(2290m)で25日に初冠雪があったということがニュースで (more…)

Trackback This Post

http://ratio.sakura.ne.jp/archives/2007/09/24135915/trackback/

Leave a Reply