高齢者医療費負担増「凍結」は選挙目当て!

自民党と公明党が政権合意で決めた高齢者医療費の負担増凍結。今日開かれた両党のプロジェクトチームで、「凍結」は6カ月?1年間程度にとどめることに。

6カ月?1年間って、要するに、衆議院の解散・総選挙まで「凍結しよう」ということじゃないですか。選挙さえやり過ごせば、またぞろ負担増。国民をバカにするにもほどがあります。

凍結は6カ月?1年程度に 高齢者医療費負担増で与党(東京新聞)

凍結は6カ月?1年程度に 高齢者医療費負担増で与党
[東京新聞 2007年10月2日 17時54分]

 自民、公明両党は2日、高齢者医療費の負担増凍結に向けた具体策を検討するプロジェクトチームの初会合を国会内で開いた。
 会合では「高齢者の負担軽減が必要だが、医療制度改革の流れは堅持していくべきだ」との意見が大勢を占めた。このため、来年4月に予定されている70?74歳の窓口負担の引き上げと75歳以上の新たな保険料徴収について、凍結期間は6カ月から1年程度にとどめる方向で調整が進む見通しとなった。今月中に結論をまとめる。
 凍結に伴い必要となる財源は、1年間では約1500億円となることから、社会保障費の自然増分の2200億円削減を求められている2008年度予算で確保するのは困難で、07年度補正予算編成などの措置が必要との認識で一致した。ただ、法改正により制度の抜本的な見直しを求める声も一部にあることから、プロジェクトチームで引き続き対応を検討する。(共同)

Similar Articles:

Leave a Comment

NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">