コマツが偽装派遣

建設機械メーカー・コマツが、「偽装派遣」で大阪労働局の指導を受けていたことが明らかに。

もともと、請負業者と請負契約を結んでいたのに、それを「出向契約」に切り替えたうえで、なおかつその請負業者の社員でない人間を「出向」と称して受け入れていたというもの。業務請負では現場で指示が出せないし、派遣では3年たったら雇用通知義務が発生する。その両方を避けるために、請負会社の社員ということにして「出向」させるという方法を考えついたんでしょう。悪知恵の尽きないことです。

コマツ出向を「偽装」と認定、是正指導…大阪労働局(読売新聞)

Read more »