防衛省から軍需企業に475人も天下り

共産党の「しんぶん赤旗」に、また面白い記事が!!

防衛省発注の軍需企業の上位15社に、防衛省からの天下りが475人もいた、というニュース。この上位15社で、軍事費契約額の7割を独占。なおかつ、自民党に1億8000万円以上もの献金をしています。「政・官・財の癒着」と言われるけれど、ほんと絵に描いたような癒着ぶりです。

防衛省天下り475人/軍需上位15社/受注7割 自民に多額献金(しんぶん赤旗)

防衛省天下り475人 軍需上位15社 受注7割 自民に多額献金
[2007年10月28日 しんぶん赤旗]

 軍需専門商社「山田洋行」(東京都港区)と守屋武昌前防衛事務次官(63)との関係が問題になるなか、防衛省との契約額上位15社に、同省ОBが計475人も天下りしている新たな癒着が本紙の調べでわかりました。上位15社は、軍事費契約額の7割を占めているほか、自民党に巨額献金をしていることも判明しています。(表参照)
 これらの企業は、自衛隊の装備・弾薬・燃料などを受注している軍需産業です。2006年度の上位15社の契約額は、三菱重工業2,776億円を筆頭に合計9,076億円にのぼり、防衛省の総契約額の約7割にあたります。
 06年4月現在、これら軍需企業に在籍している防衛省ОBは、三菱電機98人、三菱重工業62人、日立製作所59人など、在籍者がいない2社を除いて13社で計475人にのぼります。(富士通のみ05年10月現在)
 契約額1,000億円以上の上位3社の平均ОB数は69.7人、日本電気など、300億円以上1,000億円未満の6社の平均ОB数は27人、200億円未満の6社の平均ОB数は17.3人となり、天下りが多いほど、受注額も多いという相関関係も明らかになりました。
 一方、自民党の政治資金団体「国民政治協会」への献金(06年)も、契約額トップの三菱重工業が3,000万円はじめ、11社で1億8,690万円となっています。
 守屋氏の疑惑を含め、軍需産業をめぐる政軍財の癒着の構造全体に徹底的にメスを入れることが求められています。

防衛省(2006年度)上位15社の契約額と自民党への献金、天下りの実態

契約額(億円) 献金(万円) 天下り(人)
1 三菱重工業 2,776 3,000 62
2 川崎重工業 1,306 500 49
3 三菱電機  1,177 1,820 98
4 日本電気 831 1,800 40
5 アイ・エイチ・アイマリンユナイテッド 446 16
6 富士通 441 1,680 16
7 東芝 423 2,850 35
8 石川島播磨工業 365 1,090 34
9 小松製作所 363 1,000 21
10 富士重工業 199 1,800 26
11 日立製作所 194 2,850 59
12 中川物産 148
13 新日本石油 143
14 ダイキン工業 133 300 17
15 コスモ石油 131 2

 《注》防衛省資料、政治資金収支報告書などで作成。献金は国民政治協会への06年分。天下り人数は、富士通(05年10月)を除いて06年4月現在

Similar Articles:

Leave a Comment

NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">