子育て 給付だけでは足らない!!

明治安田生命保険が、児童手当や出産一時金について、これだけ支給してほしい、必要だという額をアンケート調査。その結果、実際に支給される児童手当や出産一時金を大きく上回っていることが明らかに。

子育て調査:児童手当や出産一時金など必要額と給付に差(毎日新聞)

<子育て調査>児童手当や出産一時金など必要額と給付に差
[11月9日20時33分配信 毎日新聞]

 明治安田生命保険が9日発表した「子育てに関するアンケート調査」の結果によると、安心して子育てするのに必要と考える児童手当の月額は平均2万1000円で、実際の支給額(月1万?5000円)を大きく上回ることが分かった。出産時にもらえる出産育児一時金も必要額は46万円で実際の支給額(35万円)との差が大きい。同生命の試算によると、希望通りの給付水準を実現するのに必要な財源は年間2兆円になるという。
 調査は今年3月、首都圏1都3県に住む20、30代の男女753人を対象に行った。
 それによると、児童手当や育児休業給付などの育児支援制度があることをまったく知らないか、ほとんど知らない人が男性で67.1%、女性でも59.4%に上った。こうした支援制度があることで、子育ての経済的負担が和らぐかを聞いたところ、男性で75.1%、女性で80.4%が「和らぐ」「やや和らぐ」と回答した。
 日本では児童手当は小学校卒業まで支給され、総支給額は1人96万?156万円になる。ただ明治安田生命によると、欧州ではドイツは最大27歳まで、スウェーデンでは同20歳まで支給され、月額でも2万円台と日本より手厚い。同生命は「児童手当で月額2万円が、出産意欲を刺激するかどうかの分かれ目となっているようだ」と分析している。【斉藤望】

Similar Articles:

Leave a Comment

NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">