従軍慰安婦強制否定に、米大使「日本を擁護できない」

「従軍慰安婦の強制はなかった」という発言を続けるなら、「日本を擁護できない」と厳しい批判。

拉致問題を絡めるというやり方は横柄そのものだけれども、ひるがえって考えてみると、給油活動が中断しても、アメリカは、ここまでは日本を非難していない。ということは、侵略戦争を正当化する安倍首相の言動の方が、よっぽど日米関係を危うくするものだった、ということ。「日米同盟第一」なら、そこんところ、立場をはっきりさせましょう。

「拉致支援できぬ」と警告 慰安婦問題で米駐日大使(中日新聞)

「拉致支援できぬ」と警告 慰安婦問題で米駐日大使
[中日新聞 2007年11月8日 夕刊]

 従軍慰安婦動員の強制性に関する安倍晋三前首相の発言が日米間の外交問題に発展していた今年3月、シーファー駐日米大使が当時の政府首脳に「このままでは、北朝鮮の拉致問題で日本を支援できなくなる」と強く警告、これに応じて安倍氏が事態収束を図ったことが8日、関係者の証言で分かった。
 拉致問題への支援取りやめをちらつかせて問題の沈静化を迫った米大使の強硬姿勢は、安倍氏の言動で日米関係が危機的な状況に陥っていた実態を浮き彫りにしている。
 今年初めから米下院外交委員会が太平洋戦争中の従軍慰安婦問題をめぐり、日本政府に謝罪を求める決議案を検討。首相就任前、動員の強制性に疑問を投げかけていた安倍氏の対応が焦点だった。
 安倍氏は3月5日の参院予算委員会で、動員の強制性に関し「『慰安婦狩り』のような官憲による強制連行的なものがあったと証明する証言はない。間に入った業者が事実上、強制をしていたというケースもあった。広義の強制性はあったのではないか」と答弁。中国、韓国に加え、米国からも強い批判を招いた。
 事態の悪化を懸念した米大使はこの後、政府首脳と会談し「この状態が続けば、われわれはもう日本を擁護できなくなる。このままでは米国として北朝鮮の拉致問題で日本を支援できなくなる」と伝達した。
 これを受け、安倍氏と当時の塩崎恭久官房長官、麻生太郎外相らが協議。麻生氏が「日米関係は極めて大事だ。拉致問題もあるので、ここは退いたほうがいい」と促し、安倍氏も受け入れた。
 安倍氏はこの後、強制性を「狭義」「広義」と使い分けていた議論を封印。4月3日にはブッシュ米大統領との電話会談で、強制性を認めた1993年の河野洋平官房長官談話の継承を表明した。

 【従軍慰安婦問題】 第2次世界大戦中、朝鮮半島や中国などの女性が、戦地の「慰安所」で日本軍に性的被害を受けたとして、日本政府に謝罪や賠償を求めている問題。今年1月末、米議会に日本政府の謝罪を求める決議案が提出された。日本では自民党議員有志が「おわびと反省」を表明した河野洋平官房長官談話の見直しを検討。安倍晋三前首相も「談話を継承する」と表明する一方で、慰安婦の募集について日本官憲の直接関与を否定するかのような発言を繰り返し米中韓各国から激しい批判が起きた。

Similar Articles:

Leave a Comment

NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">