第2期「日韓歴史共同研究」 第2回全体会合開かれる

第2期の日韓歴史共同研究が始まりました。といっても、全部のテーマでの合意にはいたらず。

しかし、第1回のときのように、韓国側が日韓の歴史認識を問う大きなテーマをとりあげたのに対して、日本側は、学会の個別報告みたいな小さなテーマばかり取り上げていたのでは、「共同研究」にならない。韓国側の問題提起を受け止めて、日本側として日韓の歴史をどう考えるのか、真正面からの議論を望みたい。

日韓歴史共同研究:テーマ決まる(毎日新聞)
日韓歴史研究 テーマ決まらず(NHKニュース)

日韓歴史共同研究:テーマ決まる
[毎日新聞 2007年11月25日 東京朝刊]

 日韓両国の学識経験者による第2期「日韓歴史共同研究」の第2回全体会合が24日、ソウルのホテルで開かれた。終了後、共同記者会見した日本側座長の鳥海靖東大名誉教授らによると、分科会の一部で研究テーマが決まり、日韓双方で研究に着手することにした。すべての分科会でテーマが合意されてから、内容を公開するかどうかを決める。
 次回の全体会合は来年6月、日本で開く。また、09年6月の報告書作成に向けて議論を深めるため、来年12月ごろ日本でシンポジウムを開くことでも合意した。【ソウル中島哲夫】

日韓歴史研究 テーマ決まらず
[NHKニュース 11月24日 23時13分]

 日本と韓国の歴史認識の問題について、両国の有識者が話し合う「日韓歴史共同研究委員会」が2回目の全体会議を開きましたが、委員会で取り上げるすべてのテーマについては合意に至らず、今回決まったものから順次、研究に着手することになりました。
 この委員会は、5年前、日本の歴史教科書問題で悪化した日韓関係を改善しようと発足し、おととし、報告書をまとめましたが、歴史認識の隔たりが浮き彫りになったため、ことし6月、新たなメンバーで研究が再開されたものです。
 24日は、ソウルで、近現代など3つの分科会と、両国の歴史教科書の記述に関する小委員会に分かれて意見を交わしたあと、2回目の全体会議が開かれました。しかし、共同研究で取り上げるすべてのテーマについては双方の意見の違いが埋まらず、委員会では、引き続き調整を急ぐ必要があるとして、今回、合意したテーマの具体的な内容についても説明を避けました。
 その一方で、委員会では、今回決まったものから順次、研究に着手して、再来年6月までに報告書を取りまとめ、研究が仕上げの段階にさしかかる見通しの来年末に日本でシンポジウムを開催し、幅広い意見を取り入れることを確認しました。3回目の全体会議は、来年6月に東京で開かれる予定です。

日韓歴史共同研究については、外務省および日韓文化交流基金のホームページを参照のこと。
外務省: 日韓歴史共同研究
財団法人 日韓文化交流基金

第1回日韓歴史共同研究の報告書も、日韓文化交流基金のホームページから読むことが可能です。

第2期の研究委員は以下のとおり。

日本側 韓国側
委員長 鳥海 靖 東京大学名誉教授 趙 珖 高麗大学校文科大学韓国史学科 教授
委員 第1分科会(古代) 坂上 康俊 九州大学大学院人文科学研究院 教授 金 泰植 弘益大学校師範大学歴史教育科 教授
濱田 耕策 九州大学大学院人文科学研究院 教授 盧 泰敦 ソウル大学校国史学科 教授
森 公章 東洋大学文学部 教授 趙 法鍾 又石大学校師範大学社会教育科(歴史) 教授
第2分科会(中近世) 桑野 栄治 久留米大学文学部 准教授 孫 承喆 江原大学校人文大学史学科 教授
佐伯 弘次 九州大学大学院人文科学研究院 教授 李 啓煌 仁荷大学校文科大学東洋語文学部日語日文学専攻 教授
須川 英徳 横浜国立大学教育人間科学部 教授 韓 明基 明知大学校人文大学史学科 助教授
第3分科会(近現代) 有馬 學 九州大学大学院比較社会文化研究院 教授 朱 鎭五 祥明大学校人文社会科学大学社会科学部歴史コンテンツ専攻 教授
大西 裕 神戸大学大学院法学研究科 教授 柳 承烈 江原大学校師範大学歴史教育科 副教授
服部 民夫 東京大学大学院人文社会系研究科 教授 河 棕文 韓神大学校社会科学大学日本地域学科 教授
原田 環 県立広島大学人間文化学部 教授 李 碩祐 仁荷大学校法科大学法学部 助教授
教科書小グループ 木村 幹 神戸大学大学院国際協力研究科 教授 李 讚熙 韓国教育開発院首席研究委員
重村 智計 早稲田大学国際教養学術院 教授 鄭 在貞 ソウル市立大学校人文大学 教授
永島 広紀 佐賀大学文化教育学部 准教授 金 度亨 延世大学校文科大学人文学部史学専攻 教授
古田 博司 筑波大学大学院人文社会科学研究科 教授 鄭 鎭星 ソウル大学校社会科学大学社会学科 教授
山内 昌之 東京大学大学院総合文化研究科 教授 玄 明喆 京畿高校教師
山室 建? 帝京大学理工学部 講師 辛 珠柏 国民大学校韓国学研究所 研究教授

Similar Articles:

Leave a Comment

NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">