ポーランドもイラク撤退へ

10月の総選挙で誕生したポーランドの新政権も、イラクに派遣している軍隊を2008年に撤退させることを表明。

ポーランド新首相、2008年のイラク撤退を表明(AFPBB News)

ポーランド新首相、2008年のイラク撤退を表明
[AFPBB News 2007年11月23日 22:51 発信地:ワルシャワ/ポーランド]

【11月23日 AFP】ポーランドのドナルド・トゥスク(Donald Tusk)新首相は23日、所信表明演説のなかで、現在、イラクに派遣している900人規模の軍を2008年に撤退させる考えを明らかにした。
 10月21日に行われた総選挙では、トゥスク氏が率いる「市民プラットフォーム(Civic Platform、PO)」が「イラク撤退」を掲げ、保守系与党「法と正義(Law and Justice、PiS)」に大勝。トゥスク氏が首相に選出された。新内閣の閣僚も「イラク撤退」を公言している。
 ポーランドは、2005年に前与党「法と正義」が政権についてから対米協調路線を強め、米国からも同盟国として厚い信頼を得てきた。
 しかし20日に行われた世論調査では、85%の回答者がイラク派兵に反対の意を示す一方で、イラク派兵を続け駐留米軍を支援すべきとの回答はわずか12%にとどまり、国民の大多数がトゥスク首相の「イラク撤退」政策を支持していることが明らかになった。
 2003年の派兵開始以降、これまでに22人のポーランド兵がイラクで死亡している。

Similar Articles:

Leave a Comment

NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">