先進国の経済こそ監視せよ―貧困国が富裕国にお説教

昨年10月22日付のニューヨークタイムズ紙に、「形勢が逆転: 貧しい国々が豊かな国々の鼻先で指を振る」という論評が出ています。「鼻先で指を振る」というのは、「チッチッチー」などといって相手の鼻先で指を振って、相手にお説教をたれる、映画やアメリカン・アニメでお馴染みの動作です。つまり、意訳すれば、「形勢逆転、貧困国が富裕国にお説教」というところ。

で、どういう記事かというと、その週末に開かれたIMFと世界銀行の会議で、アルゼンチン、シリア、コンゴなどを中心とする貧困国26カ国のグループ(G26)は声明を発表し、そのなかで、米サブプライムローン問題に見られるように、いまや先進国こそが世界経済の不安定性の要因となり、発展途上国こそ世界経済の安定要因になっていると指摘したことを取り上げ、IMFや世界銀行の会議といえば、先進国が発展途上国の援助を議論するところだったのに、いまやそれが逆転したというのです。

Tables Turned: Poor Countries Wag Fingers at Rich Ones(The New York Times)

Tables Turned: Poor Countries Wag Fingers at Rich Ones
[The New York Times By STEVEN R. WEISMAN Published: October 22, 2007]

WASHINGTON, Oct. 21 ― The semiannual meetings of the world's top finance and banking officials are predictable in one sense: Europeans and Americans often use them to lecture leaders of poor countries about the need to modernize their capital markets, promote transparency and adhere to sound investment standards.

What a difference a subprime mortgage crisis can make. Now developing countries are lecturing the West.

With hundreds of officials and experts convening over the weekend in the nation's capital, the theme this year was not fear of protesters, but of the global impact of the troubles in the American housing sector, with many delegates faulting lax regulations and sleepy overseers in Europe and the United States.

"Allow me to point out the irony of this situation," Guido Mantega, the Brazilian finance minister, told reporters, contending that the "countries that were references of good governance, of standards and codes for the financial systems" were now the same countries where financial problems were threatening to wreck global prosperity.

In an interview, Trevor A. Manuel, the finance minister of South Africa, said: "If one looks at the impact of the subprime crisis in the U.S., the losers are poor citizens who tend to be black and Hispanic. But it is also the large banks with an international profile in Europe and the United States that have taken a beating."

He added, "It is clear that there was regulatory and supervisory failure."

The finance ministers and central bank governors from around the world spent the weekend discussing the market turbulence brought on by the credit crisis, declaring in a statement that they would continue to "analyze the nature of the disturbances and consider lessons to be learned and actions needed."

But for many, the lessons were already clear. They said that Western regulators had ignored warning signs, Western banks had used exotic off-the-books "conduits" to buy and sell dubious mortgage products, Western rating agencies had gone along for the ride ― and now the whole world was suffering from Western excesses.

Usually these meetings echo the old debates of what used to be called the north-south dialogue, in which the prosperous countries come to the rescue of the struggling poor countries. A few hundred protesters in Washington this weekend shouted slogans about exploitation by the wealthy. Along with protesters, of course, were closed streets, police barricades and limousines idling at many downtown hotels.

There was also new finger-pointing, and perhaps schadenfreude, discernible in the statement of the G-24 group of poor countries led by finance ministers of Argentina, Syria and Congo, who noted that "developing countries are a new driving force as well as a stabilizing factor in the world economy."

Like the other ministers from what used to be called the third world, they cited the advanced countries' regulations and lack of transparency as causes for the mess. These countries are united in demanding more weight for themselves on the board of directors of the I.M.F. and the World Bank.

In response to all this lecturing, the United States Treasury secretary, Henry M. Paulson Jr., and his top aides fanned out at meeting after meeting to assure the finance ministers that although the impact of the market turmoil has yet to be fully understood or felt, there was no need to panic because the fundamentals of the American economy are sound.

"We recognize that there are some issues in the system that need to be addressed," said Clay Lowery, an assistant Treasury secretary for international affairs, cautioning against quick remedies that might be counterproductive. "We want to make sure that there isn't a rush to judgment."

Robert K. Steel, a Treasury under secretary for domestic finance, told audiences how Treasury had worked with banks to create a new superfund aimed at loosening the credit markets.

"The technical organization of this solution is complex," he told the Institute for International Finance, a global association of banks, insurance companies and other institutions. "Initial progress is being made by the lead banks and participation is expected to broaden in the weeks ahead."

But many listeners were doubtful. Mr. Manuel, the South African finance minister, noted that the new fund had already gotten a skeptical response in speeches this weekend by Alan Greenspan, the former Federal Reserve chairman, and Michel Camdessus, former head of the International Monetary Fund.

Josef Ackermann, chairman of Deutsche Bank, also expressed skepticism in an interview. "It would be premature to make a firm judgment, as not all details have been made known to us," he said, speaking for the board of the Institute for International Finance.

Mr. Paulson and Mr. Steel told audiences that the United States had already set up advisory panels on auditing and regulations in the financial services industry. But their emphasis was on the industry itself setting up new codes of "best practices," and not on government regulations.

"We're making progress, and working our way through the turmoil of capital markets," Mr. Paulson said after meeting with the finance ministers of Europe, Canada and Japan. "We've got a ways to go. But we can all come together and say how we can learn from some of the mistakes and make some corrections."

The developing countries were not alone in giving a cold reception to the idea of voluntary action. Many European delegates were skeptical of the Bush administration's tack on the issue, which parallels its call for voluntary measures to regulate hedge funds and "sovereign wealth funds," the government funds run by China, Russia and oil exporting countries that have begun to invest heavily in the West.

"We can't say this crisis was totally unexpected, but we didn't anticipate how this turmoil would happen, or when or how," Joaqui'n Almunia, the European commissioner for economic and monetary policy, said in an interview. "We may need to adopt some new regulations, but right now our emphasis is on diagnosing the problem."

Much of the anger among developing countries was focused on the International Monetary Fund, which along with the World Bank was the host of the Washington meetings.

The fund, which makes emergency loans to bail out countries threatened with insolvency, is widely detested in the developing world because of its stringent austerity programs imposed as a price for its bailouts.

Asian and Latin American countries rescued in the 1990s, many of them now healthy because of their exports, have paid off their loans to the fund but are still smarting from the lectures they got and the tax increases they were forced to adopt.

The G-24 developing countries offered a stinging rebuke to the fund, lecturing it for in effect dropping the ball while banks in the West invested recklessly in subprime mortgages using lending facilities that were off their balance sheets.

Fund officials were also defensive on that unusual rebuke. Rodrigo de Rato, the outgoing managing director of the fund, and a former finance minister of Spain, said it was unfair to castigate his organization for laxity.

Pulling out a paper issued by the fund last April, he said it proved "we were already clearly stating our concerns" about the situation. Indeed, the paper did warn that "the subprime segment of the U.S. housing market is showing signs of credit quality deterioration" and that the problem could "deepen and spread to other markets."

とりあえずヘッポコ翻訳作業完了。ただし、邦訳が正しいかどうかは保証の限りに非ず。みなさん、ご自分で確認してください。

形勢逆転: 貧困国が富裕国にお説教
[ニューよくタイムズ紙 スチーブンR.ワイズマンによる:2007年10月22日]

 ワシントン(10月21日)――世界のトップの財政および銀行当局者たちの半年ごとの会合は、ある意味予測可能である。欧米人は、しばしばその会合を使って、貧しい国々の指導者たちに、資本市場を近代化し、透明性を増進し、健全な投資標準に忠実に従う必要をレクチャーする。
 〔しかし〕、たった1つのサブプライム住宅ローンの危機によって、すっかり様相は変わりうるのだ。いまや発展途上国が西側諸国にたいしてレクチャーしている。
 その国の首都で週末ひらかれた会合には何百人もの関係者や専門家が招集されたが、今年のテーマは、抗議する人々への恐怖ではなく、アメリカの住宅部門で生じたトラブルの世界的な影響にたいする恐怖であった。多くの代表は、欧米の手ぬるい規制や寝ぼけた監視を責め立てた。
 「この状況を私に皮肉らせてくれるならば」――ブラジルの財務大臣のギド・マンテガは、リポーターたちにこう話した。「優秀な統治、金融システムの基準や規則のお手本だった国々」、その同じ国々が、いまや、金融問題によって世界的な繁栄を台無しにするのではないかと脅かしている、と。
 インタビューのなかで、南アフリカの財務大臣トレバー・A・マニュエルは、次のように言った。「サブプライム危機の影響をアメリカ国内で見るならば、敗者は貧しい市民――その多くは黒人やヒスパニック系――である。 しかし、欧米で国際的な名声をもつ大銀行もまた、打撃をこうむったのである。」
 彼は、「規制と監視の上での失敗があったことは明らかだ」とつけ加えた。
 世界中の財務大臣や中央銀行総裁たちは、週末をついやして、信用危機によってもたらされた市場の混乱について議論し、ひきつづき「混乱の本性を分析し、学ぶべき教訓と必要な行動を検討する」だろう、との声明を公表した。
 しかし、多くの人にとって、教訓はすでにはっきりしていた。 すなわち、西側諸国の規制機構が危険信号を無視していたのであり、西側の銀行がエキゾチックな帳簿外の「暗渠」を使って、怪しげな住宅ローン商品を売買していたのであり、西側の格付機関がそれに追随した――そして、いまや世界全体が西側のやり過ぎに苦しんでいた。
 通常、これらの会合は、かつては南北対話と呼ばれたものをめぐる古い論争を繰り返す。そのなかで、繁栄した国々は、苦闘している貧しい国々の救出に乗り出す。この週末、ワシントンでは、数百人の抗議者が裕福な諸国による搾取にたいするスローガンを叫んだ。もちろん、デモ隊にそって、通りは閉鎖され、警察のバリケードがつくられ、リムジンは中心街の多くのホテルで足止めを食らった。
 また、G24の声明には、新たな責任追及と、おそらくはほくそ笑みが認められた。G24とは、アルゼンチン、シリア、コンゴの財務大臣に率いられた貧しい国々のグループのことであるが、彼らは「発展途上国は、新しい原動力であるとともに、世界経済の安定要因でもある」と指摘した。
 かつては第3世界と呼ばれた他の国々の大臣と同じように、彼らは、混乱状態の原因として先進国の規制と透明性の不足を引き合いに出した。 これらの国々は、IMFと世銀の執行委員会でより多くの比重を求めることで一致している。
 このレクチャーに答えて、アメリカ財務長官ヘンリー・M・ポールソン・ジュニアとその主任補佐官たちは、会議から会議へと人を派遣して、〔各国の〕財務大臣たちに、市場の混乱の影響はすでに完全に理解され、感じられている、アメリカ経済のファンダメンタルズは健全だからパニックにおちいる必要はない、ということを請け合った。
 「われわれは、このシステムに、いくつか対処する必要のある問題があることを認める」。クレイ・ローリー(国際関係のための財務副長官)は、逆効果であるかもしれない性急な対応策を避けるよう警告して、こういった。「私たちは、裁判への殺到がないということを確認したい」。
 国内金融担当財務次官のロバート・K・スティールは、聴衆に、財務省が信用市場の緩和をねらって新しいスーパーファンドを作るためにどのように銀行と仕事をしてきたかを語った。
 「この解決策の技術的な組織は複雑だ」と、彼は国際金融研究所――銀行、保険会社、その他の機関の世界的な協会――に話した。 「初期の進捗は主幹事銀行によってなしとげられつつあるし、今後の数週間で参加が広がることが見込まれる」。
 しかし多くの聴取者は疑わしかった。南アフリカの財務大臣マニュエル氏は、新しいファンドが、アラン・グリーンスパン前連邦準備銀行議長と、ミシェル・カムドシュ国際通貨基金前長官によるこの週末のスピーチのなかで、すでに懐疑的な反応を得ていたことに注意を向けた。
 ジョセフ・アッカーマン・ドイツ銀行頭取は、同様に、インタビューのなかで懐疑を表した。国際金融研究所の委員会を代弁して、彼は、「全ての詳細が私たちに知られるようにならないうちは、確固とした判断を下すことは早すぎる」と言った。
 パールソン氏とスティール氏は、聴衆にたいして、アメリカはすでに金融サービス業界の監査と規則についての審議会を設置している、と話した。 しかし、彼らが強調しているのは、「最良の実践」の新コードを決めた業界そのものに置かれていて、政府規制にではなかった。
 「私たちは、進歩を遂げているし、資本市場の混乱からうまくやるようになっている」と、パールソン氏は、ヨーロッパ、カナダおよび日本の財務大臣たちと会った後に言った。 「私たちは、すでに進むべき道を見つけた。 しかし、私たちは全て一緒に来ることができるし、いくつかの誤りから以下に教訓を学び、いくつか修正することもできる」。
 発展途上国だけが、自発的行動というアイデアを冷ややかに迎えたわけではない。多くのヨーロッパの代表者は、ブッシュ政権の弥縫策に懐疑的だった。それは、ヘッジファンドと「政府系投資ファンド」――西側に猛烈に投資し始めた中国、ロシア、石油輸出諸国の政府が運用する投資ファンド――とを規制するための自発的な措置を同時にもとめる、というものである。
 「今回の危機が完全に予想外だったと言うことはできないが、この混乱がどのように起こったか、あるいは、いつどのようにして、ということを予想していなかった」と、ホアキン・アルムニア欧州委員会経済通貨政策委員は、インタビューのなかで言った。 「私たちはいくつかの新しい規則を採用する必要があるかもしれない。しかし、いま私たちが強調すべきなのは、問題を診断することにある。」
 発展途上国の怒りのほとんどは、IMFに向けられている。IMFは世界銀行とともにワシントン会合のホストだった。
 IMFは、支払い不能におちいる恐れのある国々を救い出すために緊急融資を実施しているが、救済の対価として課せられる厳しい緊縮財政の締め付けのために、発展途上国の間では広く嫌われている。
 アジアとラテンアメリカの国々は、1990年代に救済を受けたが、それらの国々の多くは、いまは、輸出のために健全になり、IMFへの債務を払い切ったが、まだ自分たちが受けた説教と採用するように強いられた増税によるから痛みを受けていた。
 G24の発展途上国は、IMFに非難を供した。すなわち、西側諸国の銀行が、帳簿外の貸付制度を使ってサブプライム住宅ローンに無謀な投資をおこなっている間に、実際に、ボールを落っことしてしまったと抗議した。
 IMF当局者は、いつもとは違う非難に守勢に立たされた。 辞任間近のIMF理事のロドリゴ・デ・ラト前スペイン財務大臣は、IFMをだらしなさのために非難するのは不公平であると言った。
 彼は、今年4月にIMFによって公表された論文を取り出して、それが、情勢について「私たちがすでに明確な懸念を述べていた」ことをほぼ証明すると言った。実際、その文書は「アメリカ住宅供給市場のサブプライム分野は信用の質悪化のサインを示している」、そして、問題は深刻化し、他の市場に広がることがありうる、と警告していた。

Similar Articles:

  1. 村野瀬玲奈の秘書課広報室 - trackback on 2008/01/05 at 22:50:53

Leave a Comment

NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackbacks and Pingbacks: