「自由市場」は偽りのアイドル?

今度は、同じニューヨークタイムズ紙が年末(12月30日)に掲げた論評。「自由市場というのは、結局、偽りのアイドルではないのか?」と問いかけています。

The Free Market: A False Idol After All?(The New York Times)

Ideas & Trends
The Free Market: A False Idol After All?
[The New York Times By PETER S. GOODMAN Published: December 30, 2007]

FOR more than a quarter-century, the dominant idea guiding economic policy in the United States and much of the globe has been that the market is unfailingly wise. So wise that the proper role for government is to steer clear and not mess with the gusher of wealth that will flow, trickling down to the every level of society, if only the market is left to do its magic.

That notion has carried the day as industries have been unshackled from regulation, and as taxes have been rolled back, along with the oversight powers of government. Faith in markets has held sway as insurance companies have fended off calls for more government-financed health care, and as banks have engineered webs of finance that have turned houses from mere abodes into assets traded like dot-com stocks.

But lately, a striking unease with market forces has entered the conversation. The world confronts problems of staggering complexity and consequence, from a shortage of credit following the mortgage meltdown, to the threat of global warming. Regulation ― nasty talk in some quarters, synonymous with pointy-headed bureaucrats choking the market ― is suddenly being demanded from unexpected places.

The Bush administration and the Federal Reserve have in recent weeks put aside laissez-faire rhetoric to wade into real estate, wielding new rules and deals they say are necessary to protect Americans from predatory bankers ― the same bankers who, only a year ago, were being lauded for creativity. Were the market left to its own devices, millions could lose their homes, the administration now says.

Central banks on both sides of the Atlantic are coordinating campaigns to flush cash through the global economy, lest frightened lenders hoard capital and suffocate growth. In Bali this month, world leaders gathered in the name of striking agreement to slow climate change.

Adam Smith used the metaphor of the invisible hand to describe how markets should function: With everyone at liberty to pursue self-interest, the market omnisciently distributes goods and capital to maximize the benefits for all. Since the Reagan administration, that idea has weighed in as a veritable holy commandment, with the economist Milton Friedman cast as Moses.

As the cold war ended and Communism retreated, the invisible hand seemed to monopolize economic thinking. Even China, controlled by a nominally Communist party, has blessed private entrepreneurs and foreign investment. In Latin America, the International Monetary Fund financed governments that embraced market forces while shunning those that were resistant.

But now the invisible hand is being asked to account for what it has wrought. In this country, many economic complaints ― from the widening gap between rich and poor to the expense of higher education ― are being dusted for its fingerprints.

After two decades of disappointing economic growth, several Latin American countries have spurned the I.M.F. while embracing the finance and thinking of Venezuela's avowedly Socialist leader, Hugo Cha’vez. China's leaders, though still devoted to "reform and opening," are keeping tight control on the value of the currency while steering capital to powerful state-owned companies, concerned that freer markets could throw millions of peasants out of work.

Throughout history, regulation has tended to gain favor on the heels of free enterprise run amok. The monopolistic excesses of the Robber Barons led to antitrust laws. Not by accident did strict new accounting rules follow the unmasking of fraud at Enron and WorldCom. Now, the subprime fiasco and a still unfolding wave of home foreclosures are prompting many to call for new rules.

"We're revisiting the question of market flows with a deservedly wary eye," said Jared Bernstein, senior economist at the liberal Economic Policy Institute in Washington. "For decades, economists and political elites have argued that any time you regulate any aspect of the economy, you're slipping the handcuffs on the invisible hand. That's demonstrably wrong in lots of ways."

But if markets can inflict pain, the harm from trying to tame them is often worse, argue those who would let the invisible hand carry on. The new regulatory tilt threatens to tie up innovation in a straitjacket of bureaucratic nannying while slowing the global economy, they say.

"Every regulation reduces people's freedom," said David R. Henderson, a libertarian economist at Stanford University's Hoover Institution. "The more regulation we get, the worse we do."

Mr. Henderson is critical of the Bush administration's effort to freeze mortgage rates, and the new rules proposed by the Fed intended to curb nefarious lending. They undermine the sanctity of contracts, he said, while making mortgages harder to gain for everyone.

"The way they justify it is that you've got to protect the stupid people who can't read a contract," Mr. Henderson said. "But they're treating everyone as stupid."

But in Washington, and under the roofs of many homes now worth less than a year ago, there appears to be a shift in the nation's often-ambivalent attitude about regulation.

Back in the boom, banks made loans to homeowners who did not have to prove their ability to pay, then quickly sold the loans to other companies. By the time it emerged that a lot of homeowners could not pay, these loans had been pooled with other loans and chopped into strange new paper assets that were sold to unsuspecting buyers around the globe. The subsequent reckoning has forced major banks to write off vast sums of money.

"Here you had all these people who were supposed to be sophisticated investors, and it turns out they were buying billions of dollars worth of debt where they didn't even understand what they owned," said Dean Baker, co-director of the liberal Center for Economic and Policy Research. "There is going to be a willingness to re-regulate financial markets."

Liberal critics have long asserted that dogmatic devotion to market forces has skewed American society toward those of greatest means. More wealth is being concentrated in fewer hands, with rich people capturing the best housing, private education and health care services, and, as the argument goes, only crumbs left for everyone else.

That critique informs proposals from Democrats vying for the presidency, as they debate how best to expand access to health care and ways to shift the tax burden to the rich. They are in essence calling for market intervention to redress imbalances. With the gap between the richest and poorest now greater than it has been since the 1920s, these pitches have emerged as central components of their campaigns

More notable, though, is how fervent proponents of unfettered market forces have lately come to embrace regulation.

The Bush administration, in seeking to freeze mortgage rates for some homeowners, put Treasury Secretary Henry Paulson Jr. in charge of the campaign. Mr. Paulson not long ago ran the Wall Street giant Goldman Sachs. Now, he is demanding that banks accept smaller payments than promised, while describing the market as a fallible thing in need of supervision.

"The government acted to prevent a market failure and to try to avoid unnecessary harm," he said at a public meeting in California.

More than a decade ago, when Bill Clinton occupied the White House, he pushed through the landmark North American Free Trade Agreement, which linked the fortunes of Mexico and the United States. But if his wife or one of her Democratic rivals captures the White House next year, they promise a more skeptical look at trade deals.

Some argue that the push back against market forces is a momentary pause in a steady march toward unfettered capitalism. The libertarian Cato Institute recently issued a report in which it found that economic freedom — shorthand for smaller government and fewer regulations — has never been greater.

"Global economic growth significantly increases with the growth of the world's economic freedom," said Ian Va’squez, director of Cato's center for global liberty and prosperity.

Few policymakers have a beef with that characterization as a generality. But when things go wrong, demands grow for the government to step in and make them right.

"Untethered market forces lead to bad things," said Mr. Bernstein of the Economic Policy Institute. "You simply can't run an economy as complicated as ours on ideology alone."

以下は、おいらのヘッポコ訳。意味のよく分からないところがあるのはお許しあれ。

アイデア&傾向
自由市場は結局、偽りのアイドル?
[ニューヨークタイムズ紙 ピーター S. グッドマン 2007年12月30日]

 四半期世紀以上にわたって、アメリカと地球のかなりの部分の経済政策を導いてきた支配的なアイデアは、市場は揺るぎなく賢明である、というものだった。どれぐらい賢明かというと、市場をそのマジックに任せさえすれば、統治の本来の役割は非常に明確になり、富の噴出に干渉せず、富は社会のあらゆるレベルに滴り落ちてゆくだろう、というほどだ。
 この考えは、産業が規制から解き放たれ、税が政府の監視力とともに元の水準に引き戻されたとき、勝利を収めた。保険会社が政府財政による健康保険の必要性を払いのけ、銀行が、住宅を単なる住居からドットコム株のように取り引きされる資産に変える金融の網の目を巧みに操ったとき、信用が市場を支配した。
 しかし最近になって、市場の力の際立った不安定さが議論されるようになった。世界は、住宅ローンのメルトダウンに続く信用不足から、地球温暖化の脅威まで、とんでもない複雑さと結果とをもった諸問題に直面している。規制は、何四半世紀ものあいだ、市場を絞め殺す二流の官僚と同義だったが、それが突然思いがけないところから要求されている。
 ブッシュ政権と連邦準備銀行は、この数週間のうちに、自由放任(レッセ・フェール)のレトリックを脇に片づけて、新しい規則と協定を用いて不動産のなかにはいり込んでいった。それらは、略奪的な銀行家からアメリカ人を保護するのに必要だとされるが、わずか1年前には、同じ銀行家たちが創造性のゆえに褒めたたえられていた。 「市場を勝手にやらせたならば、何百万人もが家を失うことになっただろう」――ブッシュ政権は、いまではこのように言っている。
 大西洋の両側〔アメリカとヨーロッパ〕の中央銀行は、貸し手が資本をため込んで成長を窒息させることがないように、協調して、世界経済に資金を供給する行動をおこなっている。今月バリに、気候変動を遅らせる合意を取り決めるために、世界の指導者たちが集まった。
 アダム・スミスは、市場がどのように機能すべきかを描くために、見えざる手という比喩を使った。万人に私欲を追い求める自由を認めながら、市場は、全能のごとく、商品と資本とを配分し、社会全体にとって利益を最大限にする。 レーガン政権以来、そのアイデアは、モーゼに扮した経済学者ミルトン・フリードマンとともに、本当の聖なる掟としてもてはやされてきた。
 冷戦が終わって、共産主義が後退した時、見えざる手は、経済思想を独占すると思われた。 中国――名目上は共産党によって支配されているが――でさえ民間の企業家と海外投資をもてはやしている。 ラテンアメリカにおいては、IMFは、反抗をはねつけて避けながら市場の力を受け入れた政府に融資した。
 しかしいまや、見えざる手は、それが生み出してきたものを説明するように迫られている。 この国では、多くの経済的な不満――富裕層と貧困層との間の拡大する格差から高等教育の支出まで――が、その特徴を表わしてきている。
 経済成長に失敗した20年間の後に、いくつかのラテンアメリカの国々は、金融を受け入れながら、そして、ベネズエラの公然とした社会主義のリーダー、ウゴ・チャベスのことを考えながら、IMFを追い払った。中国のリーダーは、なお「改革開放」政策に身を捧げているが、より自由な市場が何百万人もの農民を失業状態に投げ入れるかもしれないことを心配して、通貨の価値の厳格な管理を続けるとともに、強力な国有企業に資本を誘導している。
 歴史を問わず、自由企業が暴れ回ったあとで、規制は賛同をかちえてきた。追いはぎ貴族たちの一人勝ちは、独占禁止法をもたらした。厳格な新しい会計規則がエンロンやワールドコムの不正行為を暴露したのは、偶然ではない。いまや、サブプライムローンの大失敗と住宅の抵当流れという、いまだに終わらない波によって、多くの人は新しい規制を要求するようになっている。
 「私たちは、然るべく用心深い目で、市場の問題を再考している」と、ワシントンのリベラル派の経済政策研究所のシニア・エコノミストのジャレッド・バーンスタインは言った。 「何十年もの間、経済学者と政治的エリートは、経済のどんな面であれ規制するときには、見えざる手の拘束をすり抜けていると主張してきた。 それは、いろいろな意味で明らかに間違っている」。
 しかし、もし市場が苦痛を与えるとしても、それらを管理しようとすることから生じる害の方がしばしばもっと悪いと、見えざる手を続行しようとする人々は主張する。彼らは、新しい規制への流れは、お節介な官僚の拘束服でイノベーションを縛り上げ、世界経済を減速させるおそれがある、と言う。
 「あらゆる規制は人々の自由を減らす」と、スタンフォード大学フーバー研究所の新自由主義経済学者のデビッド・R・ヘンダーソンは言った。 「規制が増えれば増えるほど、われわれはますますひどくなる」。
 ヘンダーソン氏は、抵当利息を凍結するためのブッシュ政権の努力と、極悪非道な貸付を抑制するために連邦準備制度が提案した新しい規制に批判的だ。それらは契約の神聖さを害するし、誰もが住宅ローンで利益を得ることを難しくする、と彼は言った。
 「それを正当化する理由は、契約書を読むこともできない愚かな人たちは保護されなければならないというものである」と、ヘンダーソン氏は言った。 「しかしそれは、すべての人を愚か者として扱うものだ」。
 しかし、ワシントンでは、そして、いまや1年前よりも価値の減ってしまった多くの家の屋根の下では、しばしば二律背反的な、規制にたいする国の態度は変化したように思われる。
 好景気の時代には、銀行は、支払い能力を証明する必要もない住宅所有者に融資をおこない、その直後にそのローンを他の会社に売ってしまった。住宅所有者の多くが支払い不能であることが判明するまでに、これらのローンは他のローンといっしょにプールされ、奇妙な新しいペーパー資産に切り分けられ、世界中の疑いをもたない買い手に売られた。そのあとの清算のために、主要銀行は途方もない額のマネーを償却しなければならなかった。
 「ここには、洗練された投資家であるとされていた全ての人々がいたが、明らかになったのは、彼らが、何十億ドルも債券を買っていながら、自分たちが何を所有しているのかまったく理解していなかったということだ」と、リベラル派の経済政策研究センター共同理事のディーン・ベイカーは言った。「金融市場を再規制すべきだということになるだろう」。
 リベラル派の評論家は、長い間、市場力への独断的な傾倒が、最大限の富をもった社会にけてアメリカ社会をゆがめてきたと主張してきた。より多くの富がより少数の人の手に集中されている――金持ちが最良の住宅供給、私的な教育、そして健康保障サービスを獲得している。そしてよく言われるように、パンくずだけが残りの人々に残された。
 その批評が、大統領選挙での、医療へのアクセスを拡大する最善の方法と税負担を金持ちに移転させる道をめぐる民主党員の論争を説明する。彼らは、本質的に、不均衡を是正するために市場介入を求めている。いまや最富裕層と最貧層との間の格差が1920年代以来の最大になって、これらの論点は、民主党のキャンペーンの中心要素になっている。
 しかしながら、もっと注目に値するのは、どのようにして、最近になって規制されない市場の力の熱烈な支持者たちが規制を信奉するようになったかである。
 ブッシュ政権は、一部の住宅所有者のために住宅ローン利息を凍結しようとして、ヘンリー・ポールソンJr.財務長官を対策責任者にすえた。ポールソン氏がウォール街の巨大なゴールドマンサックス証券会社を経営していたのはそんな昔のことではない。いまや、彼は、市場を誤りやすいもの、監督の必要なものとして描きながら、銀行に対して、契約よりも少ない支払いを受け入れるように要求している。
 「政府は、市場の失敗を防止し、不必要な害を避けるために行動した」と彼はカリフォルニアでひらかれた公開の会合で発言した。
 10年前にホワイトハウスを占領した時、ビル・クリントンは、先例となる北米自由貿易協定――それはメキシコとアメリカ合衆国の財産を一つに結びつけた――を通過させた。しかし、もし彼の妻か、民主党の彼女のライバルの1人が来年ホワイトハウスを手に入れれば、彼らは、貿易協定により懐疑的な目を向けると約束している。
 ある人は、市場の力に対する押し戻しが、拘束のない資本主義にむかう順調な歩みを一時的に休止させていると論じる。新自由主義派のケイトー研究所は、最近発行した報告書のなかで、経済的自由――これは、より小さな政府とより少しの規制ということの速記的表現だ――が拡大したことは決してなかった、ということを発見した。
 「世界的な経済成長は、世界の経済的自由の拡大によって明らかに増える」と、世界的な自由と繁栄のためのカトー・センター長であるイアン・バスケスは言った。
 一般論として、このような特徴づけに不満をもつ政策立案者は少ない。しかし、事態がまずくなっていくとき、政府に対して、介入し、それらを是正すべきだという要求が増える。
 「拘束されない市場の力は、事態を悪くする」と経済政策研究所のバーンスタイン氏は言った。 「あなたは、われわれと同じように、イデオロギーだけで複雑な経済を動かすことはできない」。

Similar Articles:

Leave a Comment

NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">