新銀行東京:減資で都の持ち出しはさらに637億円

新銀行東京の「再建」計画は1000億円規模の減資を前提にしているというが、そのうち700億円は都の出資分。しかも、その資金は都債によって調達されているので、減資したとしても、都として700億円の借金があることは変わらない。しかし資産の方は価値がなくなるので、こういう場合、都は基金を積み立てなければならない。

その金額は、約637億円。つまり、400億円の追加資金とは別に、637億円の支出が必要ということだ。

しかし、都の予算には、この基金積み立てのための支出は盛り込まれていない。

ということは、「400億円だけだ」と言って追加出資を認めさせておいて、いよいよ減資が本決まりになったところで、「実は、あと637億円必要でして…」といってさらなる持ち出しを認めさせるつもりだったのではないのか? どこまで都民を愚弄するもりか!!

新銀行東京の再建計画、1000億円減資前提(日経新聞)
新銀行東京、再建なお難問・資産圧縮、効果は不透明(NIKKEI NET)
新銀行東京 追加出資「反対」73% 本社世論調査(読売新聞)
新銀行東京 追加出資に73%反対 本社世論調査(朝日新聞)

Read more »