おフランスざんす? 日フィル第599回東京定期演奏会

日本フィルハーモニー交響楽団第599回東京定期演奏会プログラム

風邪を引いて、咳と鼻水がひどいのですが、“そんなの関係ねぇ〜”(^_^;) と、日フィル第599回東京定期演奏会に行ってきました。(今年15回目のコンサート)

プログラムは、以下のとおり。

  • オネゲル:交響詩«パシフィック231»
  • ミヨー:フランス組曲(管弦楽版)
  • イベール:交響組曲«寄港地»
  •    (休憩)
  • ラヴェル:高雅で感傷的なワルツ
  • ドビュッシー:海―3つの交響的スケッチ

日フィルがフランスもの?! ――ということで、怖いもの見たさ? でサントリーホールへ行ってきました。

しかし、結論から言うと、予想外?にちゃんとしてました。(^_^;)

弦が割ときれいな音を出していました。かつては、“力任せ”“出たとこ勝負”といったイメージがありましたが、最近、日フィルの弦はずいぶんと良くなっています。今日も、そのうまさが発揮されたと言ってよいと思います。木管のがんばりは、もうずいぶんと前から。金管も、いつ音がひっくり返るかハラハラドキドキしながら聴く、ということが少なくなりました。

1曲目のオネゲルは、フランスものをほとんど聴かないなかで、僕の好きな作曲家の一人です。交響詩「パシフィック231」は、1923年に作られた、当時フランスが世界に誇った高速蒸気機関車を描いた作品。日本だと“しゅっしゅっ、ぽっぽっ”になるのが、フランスだとこうなるんだ?という感じです。プログラムノーツによると、「列車の加速に合わせて速まり続けるリズムの一方で、走る姿の優美さを表現するかのように、テンポそのものはむしろ減速するという、高度な技法」が隠されているそうですが、僕には分かりませんでした。(^_^;)

2曲目は、1944年、フランス解放を記念して書かれた作品。「ノルマンディ」「ブルターニュ」「イル・ド・フランス」「アルザス・ロレーヌ」「プロヴァンス」の5曲からなります。「ノルマンディ」というと、すぐ「史上最大の作戦」を思い浮かべてしまいますが、この曲は、戦争の悲惨さや戦闘の激しさ、厳しさとは無縁な感じで、明るく軽〜く、おめでとう〜っていう雰囲気の曲でした。

ラストのドビュッシーの「海」は、この前、ケント・ナガノ指揮モントリオール響でも聴いた曲。このときは前から3列目のかぶりつき、今日は2階のRDなので比較は不可能ですが、日フィルも十分柔らかく弦を響かせていました。

1つだけ注文をつければ、「フランス近代音楽をより広い視点から理解する」という割には、2曲目の「寄港地」とドビュッシーの「海」など、似通った感じの曲になってしまったのが残念でした。でも、自分でチケットを選んだら絶対に買わないようなプログラム。こんなのを聴けるのも、定期会員の楽しみです。

【関連ブログ】
東条碩夫のコンサート日記 4・25(金)飯森範親指揮 日本フィル

東条碩夫さんが、ドビュッシーの「海」について「大津波みたいに豪壮な演奏」と書かれていますが、確かにちょっと力演しすぎたところがありましたね。はたして飯森氏の指揮のせいなのか、それとも日フィルのキャラなのか、そのあたりも気になるところです。

【演奏会情報】 日本フィルハーモニー交響楽団第599回東京定期演奏会
指揮:飯森範親/コンサートマスター:木野雅之/会場:サントリーホール大ホール/開演:2008年4月25日 午後7時

Similar Articles:

Leave a Comment

NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">