榎原雅治『中世の東海道をゆく』

榎原雅治著『中世の東海道をゆく』(中公新書)

ちょっと気分転換にと軽い気持ちで読み始めたのですが、意外に面白かったです。鎌倉時代に京から鎌倉に下った貴族の日記から、当時の東海道がどこを通っていたか、どんな道だったのかなど、徹底的に日記の記述などにこだわって調べています。

Read more »