アメリカを朝鮮戦争に巻き込むため…スターリン書簡見つかる

先々週の「産経新聞」に出ていた記事。朝鮮戦争の開戦時に、ソ連が国連安保理を欠席した理由について、「アメリカを挑戦での武力行使に引き込むため」とするスターリンの手紙が見つかったというニュース。

朝鮮戦争の謎「ソ連の安保理欠席」スターリンの証言判明(MSN産経ニュース)
スターリンが米に韓国戦争参戦を誘導していた…極秘文書発見(韓国・中央日報)

朝鮮戦争の謎「ソ連の安保理欠席」スターリンの証言判明
[MSN産経ニュース 2008.6.26 21:24]

 【ソウル=黒田勝弘】朝鮮戦争(1950-53年)についてはこれまで、北朝鮮を非難する国連安保理に同盟国のソ連が欠席したことがナゾになっていたが、その理由は米国の参戦を誘導し、米国をアジアに介入させることでヨーロッパでの米国の力をそぐためだった、ということが明らかになった。
 これは韓国人の学者(金東吉・北京大教授)がロシアの研究者から提供された旧ソ連のスターリン関連極秘文書で確認したもので、韓国の中央日報25日付がワシントン発で伝えた。
 それによると当時のスターリン首相は開戦から2カ月後の1950年8月27日、チェコのクレメント・コトバルト大統領に送った極秘電文でソ連の安保理欠席の背景について「米国に安保理での(北朝鮮非難や国連軍派遣の)決議をしやすくしてやるためだった」とし「米国が中国や朝鮮半島に引き込まれれば、われわれがヨーロッパで社会主義を強化するため時間をかせぐことができ、勢力均衡で利益を得られるだろう」と述べているという。
 北朝鮮による韓国に対する武力南侵攻撃だった朝鮮戦争は、国際共産主義運動の一環として金日成が中ソの同意の下で始めた。しかし開戦直後、国連安保理でソ連が米国が主導する韓国支援の国連軍派兵に反対しなかったことが歴史的ナゾとして残っていた。
 中央日報は今回、スターリンの直接的な発言でその理由が明らかにされたのは初めてとしている。この極秘電文はロシア社会政治史文書保管所に保存され、その複写資料は米国の「ウッドロー・ウィルソンセンター」にも所蔵されているという。

スターリンが米に韓国戦争参戦を誘導していた…極秘文書発見
[中央日報 Joins.com 2008.06.25 14:27:20]

派兵しやすいよう、安保理拒否権を行使せず

 ヨシフ・スターリン・ソビエト連邦(現ロシア)書記局長が1950年、韓国戦争に米国を参戦することを希望、戦争勃発直後に招集された国連安全保障理事会にソビエト連邦が参加しなかったのも、米国の参戦を誘導するための緻密な計算であったことを示す文書が公開された。
 またスターリン書記長は中国も戦争に加担させることにより、米国と中国が韓半島に踏みとどまるを得ない状態をつくる戦略を立てていたことが明らかになった。
 このような事実は1950年8月27日、スターリン書記局長がチェコスロバキアのクレメント・ゴットワルト大統領に送った極秘文書を通じ、明らかになった。
 文書でスターリン書記局長は、この年の7月初旬に開催された国連安保理でソビエト連邦が国連軍派兵に拒否権を行使しなかったことに対するゴットワルト大統領の問題提起に対し「安保理で、米国が多数決決議を得られやすくしたもの」と説明した。またスターリン書記局長は「これによって、米国は韓国での軍事介入に巻き込まれ、軍事的威信と道徳的権威を失いつつある」と主張した。
 スターリン書記局長は特に「米国が韓国戦争の介入を続け、中国まで韓半島に引き込まれる事態になればどんな結果になるのか考えてみよう」とし「ヨーロッパで社会主義を強化する時間を稼ぎ、国際勢力の均衡により、私たちに利益を抱かせるだろう」と強調した。
 スターリン書記長の文書は、北京大学歴史学部のキム・ドンギル教授が2005年にロシアの3大国立文書保管所のひとつである社会政治史文書保管所(RGASPI)から入手した旧ソビエト連邦の資料(文書番号fond 558、opis 11、delo 62、listy 71?72)に含まれていた。スターリン書記局長が韓国戦争について開戦前後の国際情勢と、自分の戦争構想を具体的に言及した文書が公開されたのは今回が初めてだ。この文書はスターリン書記局長が米国の介入を懸念し、金日成(キム・イルソン)主席の南下侵略の計画に反対したという通説を覆す内容が含まれている。
 文書の最後に、スターリン書記局長は撤収した国連安保理にソビエト連邦が復帰すると言い「これは米政府の好戦的な政策を暴露し、米国が安保理を利用するのを防ぐために効率的だったからだ」と書かれている。
 スターリン書記局長は一級機密に分類された文書の保安維持のため、暗号名“Filipov”(フィリッポフ)を用い、プラハ駐在のソビエト連邦大使に「口頭で、ゴットワルトに伝えろ」と指示した。
 文書を分析し「ゴットワルト大統領に送ったスターリンの文書と韓国戦争の起源」という研究論文の執筆を終えたキム教授は「スターリンが戦争を認めた背景を含め、韓国戦争の起源を新しい角度から説明する文書だ」と話した。キム教授の研究結果は、キム教授が客員研究員であった米国のワシントンにあるウッドロー・ウィルソンセンターの「国際冷戦史プロジェクト」論文集に今月25日、発表される予定だ。

◇スターリン

 ロシア社会主義革命を率いたレーニンの後継者でソビエト連邦共産党の書記局長を務めた。1922年から亡くなるまで(1953年)、31年間にわたりソビエト連邦を独裁統治した。第2次世界大戦終戦後、米国と対立しながら冷戦の象徴人物となった。

Woodrow Wilson International CenterのHPに掲載されたスターリンの手紙(英訳)は↓こちらからどうぞ。

Letter from Filipov (Stalin) to Soviet Ambassador in Prague, conveying message to CSSR leader Klement Gottwald

Letter from Filipov (Stalin) to Soviet Ambassador in Prague, conveying message to CSSR leader Klement Gottwald, 27 August 1950

Source: Russian State Archive of Socio-Political History (RGASPI), fond 558, opis 11, delo 62, listy 71-72. Published in: Andrei Ledovskii, “Stalin, Mao Tsedunh I Koreiskaia Voina 1950-1953 godov,” Novaia I Noveishaia Istoriia, No. 5 (September-October 2005), 79-113. Translated for NKIDP by Gary Goldberg.

Top Secret

Prague, Soviet Ambassador

Pass Gottwald the following message orally. Put it in writing if he so requests.

“We view the issue of the Soviet Union’s withdrawal from the Security Council on 27 June and the events which unfolded afterwards somewhat differently from Comrade Gottwald.

We left the Security Council for four reasons: first, to demonstrate solidarity of the Soviet Union with the new China.

Second, to underscore the foolishness and idiocy of the United States policy of recognizing the Guomindang puppet in the Security Council as the representative of China and not wanting to admit the genuine representative of China to the Security Council; third, to render decisions of the Security Council illegitimate by virtue of the absence of representatives of two great powers; fourth, to give the American government a free hand and give it an opportunity to commit more foolishness using a majority in the Security Council so that public opinion can see the true face of the American government.

I believe that we have achieved all of these goals.

Following our withdrawal from the Security Council, America became entangled in a military intervention in Korea and is now squandering its military prestige and moral authority. Few honest people can now doubt that America is now acting as an aggressor and tyrant in Korea and that it is not as militarily powerful as it claims to be. In addition, it is clear that the United States of America is presently distracted from Europe in the Far East. Does it not give us an advantage in the global balance of power? It undoubtedly does.

Let us suppose that American government continues to be tied down in the Far East and also pulls China into the struggle for the freedom of Korea and its own independence. What might come of this?

First, America, just like any other country, cannot cope with China, a country with such large armed forces at the ready. It follows that America would overextend itself in this struggle. Second, having overextended itself in this matter, America would be incapable of a third world war in the near future. Therefore, a third world war would be postponed for an indeterminate period, which would provide the time necessary to strengthen socialism in Europe, not to mention that the struggle between America and China would revolutionize the entire Far East. Does all this not give us an advantage from the perspective of the global balance of power? It unquestionably does.

As you can see, the question of whether or not the Soviet Union participates in the Security Council is not as simple as it might appear at first glance.

By virtue of all this, we cannot say that “the democratic camp has no need to leave the Security Council.” Whether we leave or stay depends on the circumstances. We might leave the Security Council again and come back once again, depending on the international situation.

One might ask why we have now returned to the Security Council. We have returned to continue exposing the aggressive policy of the American government and to prevent it from using the flag of the Security Council as a smokescreen for its aggression. Now that America has become aggressively involved in Korea, it will be very easy to achieve this goal while in the Security Council. I think that this is clear and needs no further explanation.

FILIPPOV [Stalin]

27 August 1950

ただし、中央日報の記事については、次のような↓拡大解釈だする批判もある。

‘スターリン, 朝鮮戦争アメリカ参戦を誘導’という記事の解釈の誤り(The Daily NK)

確かに、朝鮮戦争の開戦直後(2ヵ月後)の書簡ではあるが、すでに朝鮮戦争は始まってしまっている訳で、スターリン自身は東側諸国から「どうして安保理を欠席したんだ?」という疑問を突きつけられて困っていたはずだから、事後的に、みずからの欠席戦術を正当化するために、こうした理由を持ち出したということも十分考えられる。

Similar Articles:

Leave a Comment

NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">