アラ還のオッサンがマルクスの勉強やらコンサートの感想やらを書き込んでいます

さて、何が見つかりますやら

2008年9月10日 at 23:34:12

大型ハドロン衝突型加速器(LHC)
大型ハドロン衝突型加速器(LHC)

ヨーロッパ合同原子核研究機関(CERN)の大型ハドロン衝突型加速器(LHC)がいよいよ稼働。1つはヒッグス粒子が見つかるかどうか。もう1つは、標準理論で説明できない現象が見つかるかどうか。はて、どうなりますやら…。楽しみです。(^_^;)

質量の謎に迫る 超大型加速器、10日始動(朝日新聞)

質量の謎に迫る 超大型加速器、10日始動
[asahi.com 2008年9月9日13時59分]

 【ジュネーブ=勝田敏彦】生まれたばかりの宇宙の状態を地上に再現し、「物質に質量があるのはなぜか」など現代物理学に残された謎の解明が期待される世界最強・最大の粒子加速器が10日、ジュネーブ郊外で始動する。約5千億円かけて建設されたもので、170億円近くを拠出した日本からも約100人の研究者が参加している。
 この装置はと呼ばれ、欧州合同原子核研究機関(CERN(セルン))が運営する。スイス・フランス国境をまたぐ1周27キロの地下トンネルのリングに世界最大級の超伝導電磁石約1700台を並べ、陽子の集団をほぼ光速まで加速して正面衝突させる。
 衝突のエネルギーは現在世界最強の加速器である米国のテバトロンの7倍で、宇宙誕生時の大爆発ビッグバンから1兆分の1秒後の超高温・超高圧状態を再現する。
 現代素粒子物理学の「標準理論」では、ビッグバン後、物質に質量を与えたというヒッグス粒子の存在が予言されており、発見が期待される。
 また宇宙の質量の約2割を占めるといわれる謎の暗黒物質の候補「超対称性粒子」や、私たちが住む宇宙が4次元(時間も次元と考えると5次元)以上である証拠が見つかる可能性がある。いずれもノーベル賞級の成果となる。

Similar Articles:

Tags:

Print This Post Print This Post

人気ブログランキングに参加しています。よかったらクリックしてください。

One Response to “さて、何が見つかりますやら”

  1. 政治の責任の重さと物質の重さと:自民党総裁選告示、LHC加速器実験開始でヒッグス粒子を

    今年6月28日の私の

    ブログ記事。

    人工ブラックホールは地球を飲み込むか:株価大暴落の経済危機とどちらが危険?

    世界最大の「大型ハドロン衝突型…

Trackback This Post

http://ratio.sakura.ne.jp/archives/2008/09/10233412/trackback/

Leave a Reply