アラ還のオッサンがマルクスの勉強やらコンサートの感想やらを書き込んでいます

Archive for “2008年9月27日”

帰ってきました?

2008年9月27日 at 23:05:34

名鉄に初めて乗りました。(^_^)v

出張から戻ってきました。
午前8時に家を出て、帰ってきたら夜10時半。
ということで、往復14時間30分、総移動距離898km…。いささか疲れました。(^_^;)

名鉄に、初めて乗りました。(^_^)v
しかし、名鉄って赤い電車だとばかり思っていたら、いろんな種類が走っていて、ホームに立っても、次から次へいろんな方面行きの電車が来るので、どれに乗ったらよいのか迷ってしまいました。(@_@;;

講義の方は、初めて聴くという人に「難しかった」「分からないことに分からないことが重なって、何が分からないのかよくわからない」と言われてしまいました。至らぬ話で、申し訳ありませんでした。m(_’_)m

これに懲りずに、ぜひみなさん、科学的社会主義の勉強をして下さいね。

Tags:

これから名古屋出張です

2008年9月27日 at 09:23:11

これから名古屋出張です。隣はN700系

東京も今朝はすっかり涼しくなって、ようやく背広を着て出かけて汗をかかずにすむようになりました。

本日は、これから名古屋まで出張です。

学生のみなさんに、科学的社会主義の世界観の話をしてきます。
がんばるぞ?

麻生首相、「集団的自衛権の憲法解釈見直しを」と発言

2008年9月27日 at 07:45:34

麻生首相が、国連演説のあと、集団的自衛権の行使は認められないという従来の憲法解釈について、「基本的に変えるべきものだ」と発言。

麻生首相:「集団的自衛権の憲法解釈見直しを」国連演説後(毎日新聞)

Read the rest of this entry »

Tags: ,

ニューヨークタイムズ紙 麻生首相を「喧嘩っ早い民族主義者」と批判

2008年9月27日 at 01:12:00

米紙ニューヨーク・タイムズが社説で、麻生新首相について、「喧嘩っ早い民族主義者」「日本の植民地支配を正統化した」と批判したというニュース。

ということで、ニューヨーク・タイムズの社説↓を読んでみた。

Editorial – The Return of Taro Aso – Editorial – NYTimes.com

社説は、あくまでアメリカとして「責任ある戦略パートナー」を求める立場からのもの。しかし、日本の植民地支配を正当化したり、戦時中の虐殺を正当化したりするような首相はいらない、ナショナリズムを引っ込めてプラグマチズムに徹しろ、アジア諸国を対等の相手としてあつかえ、となかなか厳しい。

麻生首相「けんか好きな国粋主義者」とNYタイムズ社説(読売新聞)
「近隣国との関係強化を」NYタイムズ、麻生首相に注文(朝日新聞)

Read the rest of this entry »

Tags: