こんどはアイスランド政府が破産…?!

アイスランドは、人口約31万人、GDPは為替レートで200億ドル(2007年)、購買力平価だと121億ドル(同)。通貨はアイスランド・クローナ(10月8日現在、100クローナ=約79円)。

アイスランド・クローナは、1カ月前の9月8日には1ユーロ=124クローナだったが、10月8日には1ユーロ=265クローナまで急落している。

ロシアに資金提供申し入れ(NHKニュース)
ムーディーズとフィッチ、アイスランドを格下げ(ロイター)
アイスランド中銀、自国通貨クローナのペッグ制導入を断念(ロイター)
金融危機のアイスランド、ロシアに借款要請…欧州諸国拒否で(読売新聞)
アイスランド、最大手のカウプシング銀行を政府管理下に(ロイター)

ロシアに資金提供申し入れ

[NHKニュース 10月09日13時15分]

 ヨーロッパに金融危機が広がるなか、アイスランドは、経営が行き詰まった国内の銀行を相次いで管理下に入れましたが、国の財政が破たんするおそれも出てきたことから、ロシアに対して日本円で5000億円を超える異例の資金提供を申し入れ、協議のための代表団をモスクワに派遣することになりました。
 アイスランドは、国内の銀行の資金繰りの悪化を受けて、今週、急きょすべての民間金融機関を国の管理下におく法律を成立させ、実際に2つの銀行を8日までに国の管理下に入れました。資産の売却などによって再建を図るとしていますが、これらの銀行が抱える債務の合計はGDP=国内総生産の数倍にも達するとされ、通貨クローナは去年の同じ時期に比べて対ドル、対ユーロの為替相場でほぼ半分に下落し、国の財政が破たんするおそれも指摘されています。
 外貨調達に苦しむアイスランド政府は、ロシアに、およそ40億ユーロ、日本円にして5000億円を超える異例の資金提供を申し入れ、交渉のための代表団をモスクワに派遣することを明らかにしました。
 アイスランド国内では、日本円など利率が低い外貨建ての住宅や車のローンを組んでいた国民が、返済金が大幅に増える事態に直面しており、8日には、首都レイキャビクで政府や金融機関に抗議する市民の集会も開かれるなど混乱が続いています。

ムーディーズとフィッチ、アイスランドを格下げ

[ロイター 2008年 10月 9日 13:03 JST]

 [ニューヨーク 8日 ロイター] ムーディーズ・インベスターズ・サービスは8日、アイスランドの格付けを「Aa1」から「A1」に3段階引き下げた。世界的な金融危機により、アイスランド政府の財政状態への懸念が強まっていることが引き下げ理由としている。
 ムーディーズのアイスランド担当アナリストは「ここ数週間、世界的に信用市場が機能不全を起こしており、アイスランドの銀行はこの影響を受け、政府の財政安定化も困難になっている」と指摘した。
 政府債と外貨銀行預金のカントリー・シーリングも引き続き、引き下げ方向で見直すという。
 フィッチ・レーティングスもこの日、同国が深刻な景気後退に直面しているとして債務格付けを「Aマイナス」から「BBBマイナス」に引き下げた。

アイスランド中銀、自国通貨クローナのペッグ制導入を断念

[ロイター 2008年 10月 9日 08:46 JST]

 [レイキャビク 8日 ロイター] アイスランド中央銀行は8日、市場の支持が得られないとし、通貨クローナのペッグ制導入を断念したことを明らかにした。
 ウェブサイトに掲載されたアイスランド語の声明で中銀は「市場のレートとは異なるレートで外貨取引を2日間行った」とした上で、「このレートは十分な支持が得られないことが明らかになった。よって中銀は当面、この件についてこれ以上の努力を払わない」と述べた。
 中銀は世界的な金融危機を受けてアイスランドクローナが急落したため、1ユーロ=131アイスランドクローナに固定する計画を今週発表していた。

金融危機のアイスランド、ロシアに借款要請…欧州諸国拒否で

[2008年10月9日00時53分 読売新聞]

 【モスクワ=緒方賢一】ロシアのクドリン副首相兼財務相は7日、金融危機に見舞われるアイスランド政府から借款の緊急要請を受け、前向きに対応する方針を示した。
 アイスランドはグルジア南オセチア自治州をめぐりロシアと対立を深める北大西洋条約機構(NATO)に加盟するが、欧州諸国に融資を拒否されて金策に窮しロシアにすがった形だ。
 インターファクス通信によると、クドリン副首相は「アイスランドは厳格な財政規律で知られ高い格付けを得ている。要請には前向きに応じる」と述べた。
 アイスランド中央銀行の発表によると、ロシアに要請している借款の額は40億ユーロ(約5400億円)という。
 ロシアも金融危機の影響で株式市場や通貨ルーブルが急落し、メドベージェフ政権は緊急対策を発動している。しかしエネルギー資源の高騰により国家財政にはなお余裕がある。
 人口30万人ほどのアイスランドとロシアの経済的な結びつきは強くないが、ロシアでは借款供与はNATO加盟国への影響力拡大につながるとの見方も出ている。

アイスランド、最大手のカウプシング銀行を政府管理下に

[ロイター 2008年 10月 9日 15:25 JST]

 [ストックホルム 9日 ロイター] アイスランド金融サービス庁は9日、同国の銀行最大手カウプシングを政府管理下に置くと発表した。国内金融システムを保護することが狙い。
 同庁は、カウプシングの国内預金は完全に保護されると表明。
 「今回の措置は、アイスランド政府・議会が、国内銀行の秩序ある業務と国内預金の安全性を引き続き確保するという目標達成のために必要となる第一歩の措置だ」との声明を発表した。

Similar Articles:

Leave a Comment

NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">