いすゞは非正規1400人を全員解雇する一方で100億円以上の配当を出そうとしている

いすゞ自動車は、国内工場で働く非正規従業員1400人を12月で全員クビしようとしているが、その一方で、株主にたいしては、昨年の1株当たり5円の配当を1円増やして6円配当することを見込んでいる。

いすゞの発行済み株式は約17億株。ということは、配当だけでも約102億円、増配分だけでも17億円になる。従業員を解雇しながら、株主にこれだけの配当をし続けるというのは、あまりに無責任ではないだろうか。

いすゞ自動車の9月期中間決算は↓こちら。
2009年3月期第2四半期決算短信(いすゞ自動車、11月5日)

株の配当額とか、発行済み株式の総数などは、決算短信の1ページ目の下の方に書かれています。

トヨタは、34億株あって、昨年は1株当たり140円も配当している。これだけで、4760億円になる計算。今年は、さすがにこんなには配当できないだろうが、たとえば配当を10円減らすだけで340億円――。これだけあれば、非正規労働者を解雇せずに何とかできるんじゃないでしょうか。

Similar Articles:

  1. mixclips新着ブックマークRSSからきました。
    この視点は無かったです。

    非常に根本的な疑問ですね。
    株主利益と雇用とどちらに正当性があるのか。
    あるいはどういう状態がバランスがとれているといえるのか。
    掘り下げて考えてみる価値があると思います。

    話は変わりますが、最近社会主義を見直してきています。
    景気とも己の好不遇とも関係なく、もっとも合理的な答えに近いと思いはじめてきたからです。
    元々左派リベラルではあるんですけどね。

    またお邪魔させていただきます。
    それでは。

Leave a Comment

NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">